Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カードワースダッシュ 続報4

 スタンダード版単品での公開は、いったん停止します。
スポンサーサイト
CWD(カードワースダッシュ) | コメント:3 | トラックバック:1 |

カードワースダッシュ 続報3

 続報です。
 カードワースダッシュのスタンダード版、ヒロイック版、そしてコモナー版の能力値対応表をテキスト化してダウンロードできるようにしました。
 CGで表作るの結構大変なので…
 
 エンジン付属のテキストにて、御確認ください。

 【Y字の交差路別院

 スタンダード版で、標準型が好戦性を上げてしまっていた誤りと、「好奇心旺盛」の精神的特徴がずれていたのを修正しました。
 英雄型も修正し、まとめなおしてあります。
 
 新たに追加されたヒロイック版、コモナー版のデータも合わせて御確認してくだされば幸いです。
 
 ヒロイック版は、まさに「化け物~」とか言いたくなるバランスになってます。
 ヒロイックの優先型として強めに設定してある英雄型など、なんとオール9+α!
 神話級の特殊型最高峰ということで、こっちは遠慮なく強くしました。
 まあ、最大値はどう頑張っても必ず12になるんですが。
 
 だいたい能力値オール+2ぐらいで+1レベルぐらいの実力です。
 まあおおまかなものですが。
 
 逆にコモナー版は、泣きたくなるほど実力を削ってあります。
 コモナー版は、特殊型のデータがスタンダード版と変わりません。
 鳶が鷹を生むとかありかなぁと。
 それに特殊型が能力値低いというのも…
 
 一応最終案としてまとめたものですが、遠慮なく御意見をくださいね。

2008/11/14 テキストの誤字修正 一括版撤去
2009/01/12 Google サイトに保管場所移行
CWD(カードワースダッシュ) | コメント:2 | トラックバック:0 |

カードワースダッシュ 続報2

 修正案の表です。
 才能型のデータと特徴の改編のみ。
 
 大胆に変更してみたり、戻すところは戻しました。
 
 「策士型」が盗賊型も可能になった感じです。
 「万能型」から見ると非力な代わりに、その他が強化されています。

 型の精神的特徴で、「勇将型」の勇猛性を+1.5、「豪傑型」は勇猛性と大胆性を減らしてあります。
 
 特徴による精神的特徴は、あえて変更しませんでした。
 これは精神的特徴に幅を持たせるための処置であり、変動が大きいのは仕様だからです。
 それに、一方が大きいと一方が下がる関係なので、増やす分減らす分、必ず影響するからです。
 たくさんの特徴を選べば、当然偏った性格になる、というわけです。
 
 能力値ではなく、個性に性格を色濃く影響させることもダッシュの仕様になるかと思います。
 アソビがある分、性格的特色ははっきりだせるのと、特徴に振り回されない設定がある程度可能です。
 どうせ+4までしか増えませんからね。
 盗賊が慎重になりにくかったことなど、ある程度調整しやすくしてあるのです。
 精神の傾向ぐらい、いくらか調整できてもよいかと。
 このあたりは自由度ですね。
 
 特徴による変動は、「大胆」と「武骨」は戻し、「好奇心旺盛」は能力変動がなくなって選びやすくなりました。硬派系戦士はまた作りやすくなりました。
 筋力は「下賤の出」に動かしてあります。労働職の気があるかなぁ、と。

 「田舎育ち」は不器用でタフに、「無頓着」は反応が鈍くてタフに、「地味」はほかに変える候補がどうしても見つからずそのまま。
 
 とりあえず「裕福」と「貧乏」は保留しておきます。
 理由は、個人資産の復活にかかわらせる予定だからですが。
 
 以下に、変更した部分だけ表にしておきます。
 参考まで。(サムネイルを拡大してご覧ください) 

CWDSD表2

CWD(カードワースダッシュ) | コメント:10 | トラックバック:0 |

カードワースダッシュ 続報1

 続報です。
 
 スタンダード版の能力値の草案が出来上がったので、お見せします。
 
 能力値の合計そのものは39ぐらいに増えていますが、極端に高い能力値になりにくく設定され、そのかわりに性格(精神的特徴)が大きく変動するように調整してあります。
 
 豪傑型や策士型などは、総合力がかなり底上げされていますが、簡単に10を超えていた能力値が大きく下げられています。
 
 カードワースダッシュでは、特殊型かヒロイック版出ない限り、宿で作成するキャラクターの能力値では最大値である12まで達することが困難になっています。
 
 能力の合計は増えたものの、極端に強い印象のキャラクターはできなくなり、特に子供のPCは体力面で厳しくなっています。
 この辺でバランスがとれているはずですが、これから御意見をうかがいながら微調整を加えていきたいと思います。
 
 精神力が高いPCが生まれやすくなったため、精霊術師や気功を使う戦士には優しい仕様です。
 基本型では標準型しか精神力に恵まれなかったのですが、勇将型と知将型が応用性の高いバランスに変わり、特に勇将型は軽戦士タイプも作りやすくなっています。
 
 総合的にやや敏捷度が高い傾向になっていますが、これは敏捷度向きの技能が多い割に、従来のエンジンでは敏捷度の高いPCが作りにくかったためです。
 加えて、器用度と敏捷度に優れていた子供特権を取りやめたこともあります。
 成長すると能力値が下がってしまうことが、どうも違和感があったため、ここは大胆に修正しました。
 カードワースダッシュでの子供は、成長が楽しみな足手まとい扱いです。
 あるいはその制限で、パーティの実力をセーブするとよいかと。
 
 PCが強い、というと「バランスが悪くなる」という欠点を指摘されるのでしょうが、カードワースダッシュにおける能力値の向上は、総合力を高めて、低すぎる能力値が多発するのを予防するアソビの意味合いが強いのです。
 エディタで調整するのとは違い、宿で作成するPCはあまり微調整ができませんからね。
 破綻した能力値ができにくくなるよう、配慮したつもりです。
 
 おそらく、優勝なPCで9~10ぐらいの能力値が多くなるはずです。
 低い場合も2~3にしやすくなっています。
 
 カードワースのシステムでは、能力値が1になると、「増えも減りもしなくなる」というシステム上の特徴があります。
 能力値1はだいぶ出にくくなっているはずです。(従来のエンジンでは、生命力と精神力で能力値1が出やすくなっていました)
 
 
 以下にスタンダード版の能力値における詳細をまとめた表を載せておきます。
 サムネイルをクリックして、拡大して見てください。
 
 ご意見、お待ちしています。


CWDSD表1

CWD(カードワースダッシュ) | コメント:9 | トラックバック:0 |

カードワースダッシュ!

 当ブログの新企画である、バリアントエンジン…
 それが、バランスの統制変更を目的としたエンジン「カードワースダッシュ」です。
 
 このバリアントエンジンは、世界観的なバリアントではなく、能力値のバランスが変更されるだけ、というものです。
 つまり、元来のシナリオがほぼそのまま継承してプレイできます。
 基本的にはVer1.28の変更バージョンといった感じでしょうか。
 
 具体的に申しますと、まず極端だった一部の才能型の能力バランスが上方修正されます。
 お馬鹿で致命的に不器用なくせに、ひたすら怪力だった豪傑型や、すぐに生命力が最低になってしまう策士型など、若干緩和が試みられています。
 
 特徴の傾向から、冒険者向きのPCは生命力が低くなりがちでしたが、それを大胆に改編し、生命力が極端に低い冒険者が発生しにくくなりました。
 勤勉で生命力が増えていましたが、知力が上がるように。
 内気で内向性が全く上がりませんでしたが、大きく内向的になるよう変更しました。
 性格の傾向も、やや極端に変動するようにしてあります。 
 
 年代別の能力値の変動が大きく変わりました。
 子供はやや足手まといになりますが、成長が楽しみになっています。
 子供から若者以上に成長すると、器用度や敏捷度が下がってしまう従来のシステムの不満(Y2つ的にです。大人になって弱体化することが、成長と思えなかったんですよ)を改変してあります。
 若者は充実した体力、大人は生命力の代わりに精神力が充実し、老人になると子供並の体力に戻るものの…知力が増える、といった感じです。
 
 さらに、二つのエディション(版)を用意し、違うスタイルでの冒険が可能となります。
 
 まずスタンダードエディション。
 基本の才能型6種は、若者以上の能力値合計の平均が40ほど。
 やや強めの冒険者を遊べますが、元来のエンジンではそれほど自由に能力値を選べませんでしたから、+4の追加分はバランスのアソビ的なものです。
 気軽に特徴を選んでPCが作成できる余裕が生まれるはずです。
 
 そしてもう一つがヒロイックエディション。
 これはまさに文字通りの英雄専用版。
 基本6種の才能型は、特殊型並の能力値合計である43となり、平均的に苦手な能力値が少なくなるよう作成されています。
 極端に低い能力値ができにくく、さらには平均的に高い能力値を持てるようになりました。
 神の血を引く英雄や、妖精の化身、さらには魔人は半吸血鬼みたいな能力値が軒並み高いPCを使いたい時に重宝するかもしれません。こういうキャラクターって、能力値のどれかが欠けるとか難しかったですからね。
 ソロプレイ用の総合力があるPCの作成には最適です。
 おまけとして、簡単に特殊型を生み出す方法をご紹介する予定です。
 ヒロイックの特殊型は、鬼のように強いので(…といっても能力値の最大値は12までの範囲にしてありますから、バランスの底上げという感じですが)器用で魔法も使いこなすようなキャラクターも作りやすくなっています。
 
 これらのバリアントエンジンは、「プレイヤーに花を持たせる」遊び方ができるように編集しています。
 よりかっこよく、映画や小説の主人公みたいな冒険をさせてみたいとは思いませんか?
 
 同時に、私が今までに考えていたバランス関係の基準をまとめておきたいと思います。
 
 あと、二つのエディションは、「基本的に作成できるPCの能力値だけが違う」ため、PCの使い回しが可能となります。
 スタンダードエディションで作成した宿を、ヒロイックエディションに移植して使うことが可能です。
 年代変更による能力値の変動も全く同じなので、いろんなタイプの冒険者のいる宿を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。
 
 現在、オフィシャルファンサイト等で素材関係の質問をしていますが、システムそのものはほぼ最終案まで煮詰めてあります。
 近いうちにデータを発表できるとよいのですが。
 
 もしシステム用の256色ロゴとか描いて下さる方がいたら、大歓迎です。
 何分、絵心がないもので、メニュー関係で一部足りないものを探しています。
 この記事のコメントでお知らせくださいね。 
 
 続報にご期待下さい。
CWD(カードワースダッシュ) | コメント:4 | トラックバック:0 |

連絡事項

 現在、メインのパソコンが落雷を原因としたらしい不調により、ほとんど使用できない状況にあります。
 必然的にそちらで使っていたメールアドレスも封印状態になり、御迷惑をおかけしています。
 
 私に連絡を取ろうとしてできなかった方には深くお詫びいたします。
 
 一時的に、サブアドレスの「y2tu★eos.ocn.ne.jp(★マークを@に)」を使用しますので、緊急連絡の際はこちらに御連絡ください。
 
 不便をかけますがよろしくお願いいたします。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょっと活動再開します。

 お久しぶりです、管理人のY2つです。
 
 パソコンの不調やら、仕事の多忙やらで活動停止状態でしたが、ぼちぼちと活動再開したいと思います。
 
 活動再開の手始めとして、10周年(残り少ないですが)ですし、バリアントエンジンでも編集してみようかと。
 ただ、内容的には従来のカードワースの中世的世界観を継承したもので、作成できるPCの能力値が微妙に違う(主にバランスを変更してある)だけのものです。
 例えば、勤勉では生命力が上がりますが、これを知力が上がるように変更したりとか、生命力が低くなりがちな傾向を若干修正したりとか、年代によるデータ変容が変わったりとか。
 
 カード絵も256色調にするつもりです。
 
 従来のシステムだと思うようにPCが作れないとか、持たせるスキルの適性に一定の傾向を持たせるようPCを作成するのが難しいとか、ダンピールやクルスニク、半神の英雄を生み出すようなヒロイックな表現が難しいとか、豪傑型と策士型は能力値のバランスが極端すぎて思うようなPCができないとか。
 そういった鬱憤をはらすために能力値をいじってあります。
 一部問題がありますが、普通に大きなバグもなくプレイできることが分かっているので、近いうちに形になるかもしれません。
 
 本当はスキルを手っ取り早く作成すればよいのですが、こっちを作りたい気持ちが強くなってしまいました。
 もう、骨はできているので、あとは素材を見つけて画像周りを変え、著作表記等すれば、すぐにでも完成できそうです。(残った作業が結構大変なのですが)
 
 リプレイ等、そっちにかかりっきりになりますので、もうちょっとお休みします。
 あしからず、御了承下さい。
CW(カードワース) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。