Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HACについて

 いきなり訳のわからない題名でびっくりした方もいらっしゃると思います。
 
 「HAC」というのは「異質能力コスト」の略で、「ハック」と呼びます。
 
 これは新作『精霊屋(仮)』に用いようとしているシステムでして、汚名を持つことで、それから受ける苦労を反動に能力を得る…というもの。
 
 PCに特殊な能力を取得するための対価として、汚名(称号)を持たせるという、イヤンなシステムです。
 
 汚名を得たり、レベルアップ、人間離れすることで、HACというポイントを溜め、それで特殊な称号や、スキル発動のためのクーポンを購入するというものです。
 
 克服点という、救済があって、-9点までの汚名までは点数分相殺するようにしますので、レベルが上がらない、ということは余りありません。そりゃあ、-9点を越えちゃったらだめですけど。
 
 これは、力を得るということの危険性の表現と、持ったペナルティー、差別と迫害の虚しさや悲しさを感じながら、それと対峙して行く冒険者を描きたくなったからでして。
 
 お金だけでは、奥義と呼べるスキルは購入できないシステムです。
 
 こういうシステムを作る上で、かなりきわどい表現のシナリオになりそうで、またプライベートかなぁ、と頭を抱えていたりもします。
 ただ、差別や迫害を推し進める気は、まったくこれっぽっちもありませんし、いじめや迫害は、被害者だった経験があるので絶対嫌ですが、目をそらさずに題材にして、それと対峙していくドラマを作りたいなぁと。
 
 よく差別やいじめになると、すごい反応をする人がいます。
 シナリオで扱うだけでつついたり。
 でも、モンスター退治もある意味では虐殺ですし、眼をそらすだけって、何か違う気がするんです。
 酷い奴がいて、いい奴がいて、どっちにも成りうる危うさがあって、そんな弱さにまたドラマがある…
 そんなシナリオを書きたいなぁと意気込んではいるのですが。
 
 そういうわけで、ざっとHACで取得する汚名をあげてみます。
 勘違いしないで頂きたいのは、【汚名】という言葉は、「経験点が下がる称号」という意味で使っていることです。
 この称号があるから、劣っているとか、差別されるべきとはナノもマイクロも思ってませんので悪しからず。
 もし、【汚名】に変わるふさわしい言葉があるなら、是非教えて下さいね。
 
 
◆HACで取得できる称号 ()内は汚名で受けるクーポンの点数
 
・異能者(-2)特異な能力を持つ人物です。超能力者や、シャーマン等。
 
・神聖加護者(0)聖北教会や聖海教会等の唯一神や聖霊の加護を強く受けています。特殊な精霊術が一切使えません。
 
・精霊加護者(0)精霊に愛されやすい資質を持っています。場合によりそれを異質と見られるかもしれません。
 
・特異種(-1)特別な特徴を持つ人間です。場合により迫害を受けるかもしれません。
 
・異種族(-1)人間以外の亜人や妖精です。場合により迫害を受けるかもしれません。
 
・異存在(-2)人とは全く違う存在です。人権は得られないのが普通です。例えるならロボットや妖怪など。
 
・劣等的(-1)普通、他の社会から劣った存在と見なされます。被差別賎民や、奴隷階級など。
 
・排他的(-1)生活面で同族以外の社会と距離を置いている亜人や妖精です。
 
・隔絶的(-2)生活面で同族以外の社会とかなり距離を置いている亜人や妖精です。
 
・被疎外(-1)あらゆる社会から何らかの理由でいくらか疎まれています。ハーフエルフや取替え子など。
 
・被迫害(-2)あらゆる社会から何らかの理由で迫害されています。伝染病を持つというあらぬ疑いを持たれた民族など。
 
・魔性(-1)どこか魔の雰囲気を纏っています。悪魔や妖魔を嫌う者に目の敵にされます。魔女やダンピール(吸血鬼ハーフ)、魔族の子供など。
 
・アルビノ(-1)色素障害。白子。
 
・片目(-1)、隻眼(-1)
 
・盲目(-2)、目無し(-2)
 
・嗅覚障害(-1)
 
・味覚障害(-1)
 
・聴覚障害(-2)耳無し(-1)
 
・言語障害(-2)
 
・触覚障害(-1)
 
・痛覚障害(-1)
 
・片腕(-1)片方の腕の腱が切れているなどで、腕が動きません。
 無い場合は隻腕(-1)。
 
・両腕障害(-2)片方の腕の腱が切れているなどで、腕が動きません。
 無い場合は腕無し(-1)
 
・片足(-1)片方の足の腱が切れているなどで、歩行が不自由です。
 足が実際に無いなら足無し(-2)。義足は必要でしょうが。
 
・傷痕(-1)体の一部に大きな傷があります。
 
・全身に傷痕(-2)体の全体に大きな傷があります。
 
・刺青(-1)体の一部に刺青があります。
 
・全身刺青(-2)全身に刺青があります。
  
・精神軽傷(-1)軽い鬱病や心の病を持っています。
 
・精神重傷(-2)重い精神障害を持っています。
 
・精神破綻(-4)心が壊れた状態です。(取得不可)
 
・内傷軽度(-1)内臓や見えない部分で傷や病を持っています。
 
・内傷重度(-2)内臓や見えない部分で大きな傷や病を持っています。
 
・内傷満身(-4)内臓や見えない部分が傷や病でぼろぼろです。(取得不可)
 
 ざっと挙げました。
 他にこんなのあるかも、というのがあったら書き込んでください。
 
 ええと、このシナリオのテーマの1つは、美人薄命、人生山あり谷あり、です。
 力の代償。
 魅惑的で危険な力に魅せられる人、忌避する人、背負っていく人。
 そんな弱さや強さのドラマが書けたらなぁ、と思っています。
 
 もう一度念を押しますが、これで差別や迫害をしたいわけじゃありませんので、悪しからず。
 
 なにか御意見がありましたら、悪口以外なら書き込んでください。
 
 なお、逆にカリスマや美貌みたいなプラス面も取得出来るようにする予定です。
 
 よろしくお願いします。
スポンサーサイト

『精霊屋』製作 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<『風屋』スキル紹介1 | HOME | 風屋完成報告>>

この記事のコメント

以前、一緒に考えた桐子の手術を思い出しますね(笑)
クロスオーバーしてくれてる部分がちらほらあり、
古いシナリオが日の目を見たようで嬉しいです。

マイナスクーポンがトリガーになる技能とは面白いですね。
特殊な境遇を「才能」として認める、ポジティブな力を感じます。
これを「差別に荷担している」「逆差別」などと騒ぐ輩がいるなら、
それは本質を捕らえることが出来ない人間だと言わざるを得ません。

幸い「西の吟遊詩人の店」は、わざと悪く取ってやじられたりせず、
「あそこで特殊クーポンが手に入るぞ」という認識をして頂いてました。
あんなアングラを公言しているようなものでさえこうですから、
HACならばもっと受け入れられるのではないかと思います。

僕に言わせれば、Y2つさんのHACはドロドロした暗いものでなく、
むしろ健康的で、ライトサイドのシステムです。
他人と異なるもの、区別されているものにスポットライトを当て、
輝かせるためのアイディアであると断言します。
この試みが悪く取られず、皆に受け入れられることを願っています。
2006-11-22 Wed 03:10 | URL | Djinn #I9hX1OkI[ 編集]
こんにちは!
面白そうなシステムですね。
言われるように、差別などを推し進めるというより、個性を生かすイメージですね。
今まで、クーポン取得はあっても、そのクーポンを昇華させるシナリオはほとんどなかったので、カードワースの想像の幅がまた広がるなあと、ちょっとわくわくしてきました。

色々な作品を見ていても、ハンデを負っている人のほうが、魅力的な気がします。
汚名と個人の背負ってるハンディキャップとは、また違うと思いますし。
たしかに、"夢は南海を駆ける"とかで大量虐殺などしちゃうと、"汚名"になるかもしれませんけど^^;
称号を、2つのカテゴリー(名声と汚名)だけにとらえるのは、自由な考えとはいえませんよね。

カードワースの世界では、称号とレベル関係が密接していて、称号を得るたびにレベルアップする感じですが、名声・汚名の二つだけにとどめてしまうと、個性付けは人物の特性クーポンだけでしか決められませんし、ドライな印象があります。

プレイヤーさんも、敢えて個性作りのために、"西の吟遊詩人"の桐子整形外科や、"汚名屋"、"称号屋"などのシナリオを利用して、クーポンを取得してる人もたくさんいると思います。
差別・迫害だと思っているなら、わざわざ自分の分身であるプレイヤーキャラにマイナスクーポンはつけませんよね。
よほど理解のない人でない限り、わかってくれると思いますよ。

クーポンを取得するだけでなく、成長できるシナリオって、素敵ですよ!
まさに、逆境を乗り越える力を与えようとする、意欲的なシステムだと思います。

また何か、お手伝いがあればさせてくださいね。
それでは!
2006-11-22 Wed 14:48 | URL | マルコキエル #SFo5/nok[ 編集]
こんにちはm(__)mらっこあらです。
マイナスクーポンは、いわゆる「汚名」と呼ばれてますけど、このシナリオで獲得できるのは「汚名」というよりも、特徴や逆に誇れたり、他の人と違ったところがある、ポイントみたいな感じで素敵です♪
汚名クーポン「村人を見捨てる」とかついてると、気分的にもへこみますが、このクーポンだと、更にキャラクターが個性化されて、冒険が楽しくなりそうです(^^)

最近、他人と違うところがあると、いじめの対象になることを知って驚いています、僕はいじめにあったことはないのですが、自分達と違ってたりするだけで、いじめたり、いじめ行為はしなくても侮蔑の念を抱いたりするのは、ちょっと酷いな・・・と思ってきております。

このシナリオは、Dinnさんやマルコキエルさんが仰ってる通り、マイナスクーポンをプラスの方向に向ける、新たなシナリオだと思います。クーポンに対応するシナリオが増えてくれると嬉しいです。

白子というのは、色素が無いことだったのですね。ちょっと前に「エルリック・サーガ」という本を読んで、白子のエルリックという表現がされていたので、一体何なのだろう??と不思議に思ってました。

ちなみに、隻眼に憧れます。隻眼と眼帯はめちゃくちゃカッコいいです。

それでは、失礼いたしますm(__)m

2006-11-22 Wed 15:22 | URL | らっこあら #mQop/nM.[ 編集]
 こんにちは。hirosuzuです。
 まずは、風屋の完成おめでとうございます。
さて、HACというシステムについてですが、システムや経歴の見栄えの点からマイナスクーポンは極力避けようとしますから、いわゆる逆境を力に換えるというのは意外な盲点かもしれませんね。そこで、過去のシナリオ群から似た様な物を探してみました。
汚名屋…ポニーIさんのシナリオでしたが、騎士見習いとかはかなり燃えるものがありますよね。ロリコンとかGパンとかはさすがに勘弁してほしいですが。
深淵の地から…bomuさんのシナリオで、いわゆる汚名とは違いますが、何かを犠牲にすることによって人外の力を得ようと望む点で共通項はあるかと思います。
協奏曲<FATE>シリーズ…メビウスリングさんのシナリオでしたが、この作中に登場するNPC達が何らかの重荷を負っていました。最も何かを失う代わりに力を得たのとは少し違って、強い力を受け継いだから代償に別の何かを失ったという、逆の観点からの話でしたが。
 他に時代劇で盲目の剣客・座頭市とかも有名ですし、ケルト神話の『ゲッシュ』に近いものがあるかと思います。ケルトのゲッシュは、誓いを建てることによって力を得るけども、それを破ると逆に力を失うという、HACとは少し違う考え方ですが、凡そ近いのではないかと思います。
 個人的には、金銀妖眼(ヘテロクロミア)とかも入れてほしいと思っています。一見秀麗が似合いそうですけど、地方によっては、悪魔の様に忌み嫌われて育ったとかあるかも。妾腹(人によって違うとは思いますが)とかもHACに入るのかな?
 それでは、あまり根を詰めすぎずに頑張って下さい。
2006-11-22 Wed 19:13 | URL | hirosuzu #SFo5/nok[ 編集]
 Djinnさん、マルコキエルさん、らっこあらさん。
 書き込み有難う御座います。
 
 もともとHACは魔法使い全般に対応するために、昔から構想していたシステムでした。
 新エンジンにだいぶ慣れてきたので、それ専用に1つぶっ飛んだシステムを、と思いまして。
 
 カードワースでは、生まれた後はあんまり称号の変更が出来ないのですよね。
 加えて、魔法や能力って、お金で買うことがほとんどですから、お金以外の対価を考えてみたわけです。
 
 HACは溜め込みのポイントのシステムで最大9点まで貯蓄できます。
 それ以上、いくら不利な特徴にしても無理なので、とっとと使うのに限ります。
 
 私、一見悪い特徴というものも、「自分をきたえる逆境」だったり、「特有の資質」だと思うのですよ。
 前にある方とメールでやり取りした時、強くそれを思いました。
 それを差別や迫害する連中は、劣等感や優越感に支配されている人だったり、民族が持ってしまった誤解という不幸な出来事だったり。
 差別や迫害の心を持つこともまた、マイナスクーポンかなぁ、と。
 まぁ、私も人間ですので、差別や迫害の心を許せないという感情を抱く場合もあります。
 される側にも失礼と思いつつ同情したり。
 人間としての私は、差別や迫害を悪いことだと考えています。
 
 しかし、差別や迫害って、大胆に言ってしまえばほとんどが「とってつけた言いがかり」のような気がするのです。
 
 私は幼少の折、事故で片目が見えず酷い斜視ですが、逆に「ものを立体的に見るには両目が重要なんだな」ということを強く感じます。
 病気の人は治ろうとする過程で治療の知識をみにつけますし、逆境の多い国のオリンピック選手はハングリーで強いですし。
 
 「無い事も一種の才能」というと、やっぱり苦労している人にとっては侮辱になるでしょうか?
 カードワースの貧乏で、精神力が+1することに、私、何気に納得してしまうんですが。
 
 私は逆境と共に、それを己の一部にできる強さという奴に憧れています。
 
 私が差別云々じゃないよ、と繰り返し申したのは、この考えをどこかで意識しているからでして。
 
 苦しみと逆境は冒険のドラマです。
 「何事も無く一日が終わった」だと、ドラマじゃありませんからね。
 死、戦い、病気、不幸…
 それを踏みしめて乗り越える冒険。
 私はそんなシナリオに感動を覚えます。
 
 そんなシナリオ、作りたいと思ってます。
 
 
>Djinnさん
 『西の吟遊詩人の店』との称号クロスは、一部狙ってます。
 このシナリオでつける人が増えると、あえてお金出してつける意味も出て来るのではないかなぁ、と。
 
 
>マルコキエルさん
 ただ、汚名になるだけだと面白くないので、何か使える称号にできないか、というのはずっと考えていたことです。
 普通、メリットも無くマイナスクーポンをつけたいプレイヤーさんは少ないと思うので、HACという逆境で得られる力を考えたのです。
 最初は「5感の1つを失うと、他の感覚が強化される」ということから思いつきました。
 シャーマンなどは、寿命や感覚の一部を断つことで力を得ることも多いのです。
 
 「逆境は魂を強くする」
 
 です。
 
 
>らっこあらさん
 赤い眼にピンクがかった透けた白い肌。
 それがアルビノ(白子、色素欠乏症)の特徴です。
 私は見たことないのですが、総じてとても綺麗な方が多いそうです。
 ただ、お日様にとても弱いそうで(メラニンが無いわけですから)フードつきの外套は手放せないでしょう。
 赤い眼とか病的に白い肌って、ある意味ではピュアな印象を受けるのですが。
 白い虎とかライオン、格好良いですよね。
 赤目の白兎も、普通の兎よりなんとなくピュアだと思います。
 もちろん黒い兎とかも別の意味で可愛いのですが。
 隻眼と眼帯…魔力つきの義眼をつけるとか、萌えそうな気が…
 
 他人と自分の違いを言い出したら、違う部分の方が多いと思うのですよ、人間は。
 同じであることにこだわりすぎて、何かをなくして他人を迫害する人間は、どこか悲しいと思います。
 まあ、そういう哀れみの目を向ける私も、また弱い人間なのかもしれません。
 でも、そんな自分の弱さも愛おしいと考える辺り、人の感性の不思議を強く感じます。
 弱い人間が強くなろうとする姿が、人間の美徳の1つなのだと思う、今日この頃です。
2006-11-22 Wed 19:39 | URL | Y2つ #TIXpuh1.[ 編集]
 hirosuzuさん、いらっしゃいませ。
 
 汚名屋ですか。
 どこかで代理UPしてないですかね?
 
 深淵の地からはうやったことがあります。
 あそこまでして力を求めるPCは作らなかったので、やりかけてやめちゃったのですが。
 
 協奏曲<FATE>シリーズはエンジンがかわってからプレイしてません。
 傑作ですよね。
 エレスのレベルを仲間と同等にするのに苦労しました。
 
 昔、『隻腕の剣士』をプレイして、連れ込んだPCに義手(ごつい奴)をつけたりしました。
 HACのシステムでは【片腕】は腕が使えないという扱いなので、ぶった切って【隻腕】+義手とかやれそうですね。
 
 『精霊屋』では霊的な感覚を得られるので、盲目になっても言い訳が利きます。霊の眼で見てるんだとか。
 
 ゲッシュは呪いか魔法的な誓いだと思うので、後々そういうシナリオを作ってもいいかもしれませんね。
 
 【金銀妖眼】…それ以外の【オッドアイ】や、複雑な混血に見られる【ヘイゼルアイ】(感情で瞳の色が変わる)や、【蛇眼】(爬虫類系の冷たい眼)、【獣眼】(猫科の縦に切れた瞳孔の眼)とか考えて追加するつもりです。
 参考になりました。
 
 一応、眼、耳、鼻、口(舌と歯)、肌あたりは特徴として押さえておきたいですね。
 矮人症や巨人症、せむしなんかも押さえておいたほうがよいですかね?
 
 他に欲しい特徴があったら、マイナス、プラス両方で申してくださいね。
 
 とても参考になりました。
 有難う御座います。
2006-11-23 Thu 05:26 | URL | Y2つ #TIXpuh1.[ 編集]
野暮な質問かも知れませんが
やはりHACはHeterogeneous Ability-Rank
SPRはSPiritual Rank
CESは分かりませんが
こういった略でしょうか?

私は他にHACのマイナスのことから力を得るという部分は
使ったことはないのですが平江 明さんの
『永き魔物たち』を思い出しました。
病気では竹庵さんの暫定版なので挙げていいのか
『リューン思案橋界隈』の持病を。
しかしPCが逆境を乗り越えていくといった
ドラマを考えた物は少なかったと思います。
アイについてやまだ追加で増えるものも考えると
かなり濃いところまであるようですが
そこまで踏み込んでいるプレイヤーは多いのでしょうか?
思ったよりも多い気がしているのですが
自分は割とあっさりしてましてといっても
今のパーティーには異種族と精霊加護者が一人づついますが。
2006-11-24 Fri 23:09 | URL | ブリック #eoRN1yn.[ 編集]
某作品のキャラを元ネタにプレイし、更に興味がある異種族クーポンを付けられるシナリオをやった結果。

・ホムンクルス(と言う名の機械人形/一応半分生身と言う脳内設定)
・吸血鬼(顔にデカい傷ありだが一応童顔らしい)
・吸血鬼(↑のとは別のシナリオで作った奴、ちなみに正体はどっちも隠してる)
・アーティファクト(短刀の付喪神(見た目ショタ))
・死霊術師(オッドアイ)
・クドラ教徒(しかしクーポンが手に入らずクドラの法術が使えない、2m超えの長身)
・↑全員和国出身(厳密にはホムンクルスは違うけど)

と言うパーティーが出来たんですがどの汚名が相応しいのか。
2015-06-29 Mon 01:46 | URL | 名無し #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。