CW:Y2つ流札講座 その参

2007.02.20(15:03)

 久しぶりに更新する、このコーナー。
 皆さん、カードワース楽しんでますか?
 
 今回は上手なアクションカードの使い方を紹介します。
 
 スキルカードのように使用回数の制限があると、使い渋ってしまうこともありますが、アクションカードは持ち数制限がありません。
 戦闘中しか使えませんが、上手に使うと戦況を一転させられます。
 
 種類をあげると…
 
【攻撃】
 適性:筋力+勇猛性
 属性:武器+回避
 成功率修正:±0
 効果:レベル比ダメージ2(全属性)

【渾身の一撃】
 適性:筋力+好戦性
 属性:武器+回避
 成功率修正:-2
 効果:レベル比ダメージ4(全属性)

【会心の一撃】
 適性:器用度+勇猛性
 属性:武器+回避
 成功率修正:+2
 効果:レベル比ダメージ3(全属性)

【フェイント】
 適性:器用度+狡猾性
 属性:武器+回避
 成功率修正:+2
 効果:混乱カード配布(精神属性)

【防御】
 適性:精神力+慎重性
 抵抗力修正:+5
 防御力修正:+5

【見切り】
 適性:敏捷度+慎重性
 回避力修正:+5
 
【混乱】
 適性:?(正直だと選びやすい傾向になる)
 効果:選んでいる最中、ほぼ無防備で他のカードが選べない。
 
 以上の7種類があります。
 
 それぞれの使い方を説明しますね。
 
 
【攻撃】
 最も配布率が多くなると思われるアクションカード。
 直接ダメージを与えるシンプルなカードです。
 このカードをいかに生かすかが、戦闘で上手に戦えるポイントになります。
 このカード、能力値が6程度の性格修正の全く無い者なら、レベル1で5点ほどのダメージを期待できます。
 ゴブリン程度なら3回ほどでKOできる威力ですね。
 実は、このアクションカードを上手に使う一番のコツは適性です。
 できれば緑玉ぐらいの適性(適性についてはこのコーナーの「その弐」を参考のこと)があるとよいです。
 威力もさることながら、命中精度が重要です。
 緑玉以上だと、面白いように当たります。
 勇将型のように筋力や勇猛性が高いとばしばしあたるので、〈バット〉や〈ラット〉のように素早い敵にも使うことができます。
 適性の合計(能力値+性格の合計)が9もあれば、ダメージ7が期待できるので、1レベルでも2回でゴブリンをKOできます。
 特に、低レベルの頃、スキルを買うお金が無い頃は、戦士はこのカードだけでもやっていけます。
 レベルが上がっても威力が増えるので、最後まで使えます。
 何よりカードを使うと手札が循環するので、アクションカードは積極的に使っていきましょう。
 ただ、適性が低いと当たらないので、普通以下の適性なら素早い敵には使わないほうがよいかもしれません。
 同程度の実力の相手に、普通で五分の精度で命中します。
 かわされ易いので注意が必要でしょう。
 【眠りの雲】や【蜘蛛の糸】、敵が【混乱カード】を選択中ならほぼ確実に命中しますから、適性の低い者はチャンスを作って使うとよいでしょうね。
 
 
【渾身の一撃】
 戦士なら、ゴブリンを一発KOできる威力がある一撃です。
 命中精度がとても低いので、扱うときは注意が必要でしょう。
 このカード、生かせば、戦士なら3レベル前後まではスキルなしでもやっていけます。
 そのぐらい威力があり、活用したいアクションカードです。
 命中精度の悪さも、適性が高いと五分ぐらいの命中精度にできます。
 パワーのある、この適性が白玉の強敵がいるなら、逆に命中精度が高い状態ですごい一発を当てられるので、敵の手札が分かるときは要注意です。
 レベル1の頃は、ボス敵の【渾身の一撃】でKOさせられることもよくあります。
 逆を言うと、強い戦士が用いれば、ザコを次々と屠れる一発です。
 このアクションカード、【眠りの雲】や【蜘蛛の糸】、【フェイント】等で眠らせたり混乱させて当てることが上手な使い方です。
 普通の適性だと、まず当たらないので、相手の体勢を崩して止めや大きく体力を削る時に使っていくとよいです。
 ただ、適性が低いと威力も落ちます。
 眠った状態のように、ダメージを受けると戻ってしまう場合は、戦士系の適性がよい者が使うと確実な大ダメージを与えられます。
 緑玉以上の適性なら、ザコ程度には普通に命中するため、戦士がザコより格上と感じたら遠慮せずに使ってもわりと命中します。
 反面、普通の適性以下だと避けられるのがあたりまえなので、苦手な者は使わず、カードの交換をしたほうが無難でしょう。
 
【会心の一撃】
 命中精度が高いのが特徴です。
 配布率の少ないカードなので一見貴重で使いたくなってしまいますが、得意でない者にとってはお邪魔なアクションカードになりうる可能性もあります。
 カードワースのアクションカードでダメージを与えるものは、適性とレベルで顕著に命中精度と威力が変わります。
 【会心の一撃】は中途半端にちょっと強く、器用度という毛色の違う適性なので、不器用な戦士が無理に使うと1ラウンドが無駄になりかねません。
 手札に緑玉の【攻撃】と半影玉の【会心の一撃】があるなら、迷わず【攻撃】を使うべきです。
 反面、得意ならば大いに活用すべきです。
 ♀PCなどは器用なので、しばしばこのカードが得意になります。
 命中精度が高く、威力もそこそこあるので、素早い敵などに割り当てると活躍できます。
 ダメージ系アクションカードはシビアですが、「適性第一」です。
 得意なことが何より重要なので、普通の適性なら一工夫しない限りは「繋ぎ程度」の行動に考えておくと良いでしょう。
 まあ、器用な者にフェイントさせて混乱したところを集中砲火する、といった使い方をすれば、スキルを温存する手段としても活用できます。
  
【フェイント】
 優秀な盗賊はほぼ確実に得意になるカードです。
 成功すると敵に混乱カードを配布するのですが、得意でないものが使っても失敗することが多いので、同じレベルの適性なら【フェイント】より【攻撃】を使ったほうが早道かもしれません。
 ただ、素早い敵には盗賊タイプの器用なPCが【フェイント】で相手の体勢を崩し、戦士系の【渾身の一撃】や混乱時の集中砲火で倒すコンビネーションで使うと、意外に便利です。
 このカードで配布される【混乱】カードは、正直者ほど有効です。
 猪突猛進系の敵や僧侶系の敵にはなかなかに使えます。
 逆に狡賢い敵(知力+好戦性)は混乱カードを選び難いので、力押しのほうが良いかもしれません。(命中精度そのものは回避属性なので適性次第で成功します。スキルカード配布の阻害には使えるでしょう)
 巨大でタフなモンスターなら、【フェイント】の集中砲火で崩し、ダメージの集中砲火…という使い方もできます。
 カードワースでは戦闘の決着があんまり長引かないのが普通です。(多人数相手や、ギミックのガチンコバトルは別ですよ…)
 フェイントは効果がでるのは次のラウンドですから、速攻を狙う時にもお邪魔カードになります。
 苦手なら使わないほうが無難でしょう。
 手札交換をし、使えるカードを循環させたほうがよいです。
 なお、ザコ(特にコボルト)にフェイントの集中放火を喰らってしまった場合、次の手札は【混乱】一色という恐ろしい状態になります。
 あえて手札を交換せずに、アイテムカードを用いて手札の循環を停滞させ、【混乱】するタイミングを遅らせたり、凌ぎきって戦闘を終わらせる、という戦い方もあります。
 ゾンビなど精神のない連中には効かないので御注意を。
  
 【攻撃】、【渾身の一撃】、【会心の一撃】、【フェイント】は実体の無い幽霊のような敵には効果がありません。 
 
【防御】
 確実にダメージを減少させられる、実はとても使えるカードです。
 このカードは暴露状態の敵が攻撃をしてくる際、これで防ぐという使い方が便利です。
 ギミックバトルで集中砲火をされる者や、ダメージへの警戒手段として活用していくとよいでしょう。
 このカードの特徴は、使う時には適性が関係ないことです。
 特に召喚獣を使う場合、回復系召喚獣に行動させて、自身は【防御】で現状維持する…といった形で使うと、生存率がぐっとアップします。
 あるいは回復スキルが手札にある場合、【防御】して回復役が倒れないようにするのも上手な使い方です。
 敵が非実体で攻撃手段が無い場合、的になって【防御】で凌ぐ…という高度な使い方もあります。(パーティの総合的な攻撃されやすい者順を知っており、読みと勘が必要になりますが…)
 盗賊などは体力が弱いので、ザコ戦で攻撃を分散させる的として、【防御】で倒れないようにする、という戦い方もあります。
 【眠りの雲】や、全体攻撃、強力なスキルに耐えたいなら、【防御】は極めて有効です。
 敵が必中攻撃をしてくる場合、このカードのみが対抗手段となります。
 シンプルですが、重要なカードです。
 カードワースの戦闘AIは体力的に弱いものを攻撃する傾向があります。
 弱い者ほど、【防御】は有効な生存手段です。
 回復手段を備え、かつ負傷や重傷状態で「囮」となって【防御】という戦略もあります。
 防御用の召喚獣【シルフィード】や【魔法の鎧】の防御効果などと併用すれば、よほどの攻撃にも耐えられるでしょう。
 【防御】は是非活用すべきです。
 
 
【見切り】
 【防御】ほどではありませんが使い方次第では便利なカードです。
 抵抗系の魔法や必中攻撃には効果がありませんが、ザコの攻撃を凌ぐには最適です。
 敵を暴露状態にして、コンボで使うとか、【精霊の盾】や【軽練気】の回避効果と併用して確実性を増すと、ほとんどの攻撃を避けられるでしょう。
 【防御】同様の防御手段として使えますが、使える状況が回避属性の対抗手段に限られるので、役に立たないなら手札交換をすべきでしょう。
 まあ盗賊などは、下手に苦手なアクションカードを使って攻撃するより、【見切り】を使いつつ的の分散に貢献したほうが活躍できるかもしれませんよ。
 
 
【混乱】
 アクションカード唯一のペナルティカード。
 選んだとたんにほぼ無抵抗になってしまい、次のラウンドまでそれが続くので、恐ろしいカードです。
 手札にきたら、率先してカード交換して捨てるべきですが、フェイントを沢山受けているのなら、無理に交換すると【混乱】カードばかりになってしまいます。
 敵を呪縛やっ睡眠状態にしている場合、自身が【混乱】ばかり持っているなら、あえて混乱カードの大量配布を1回して、1回混乱してしまうことを選ぶのも手です。
 〈混乱〉(緑色のムンクの叫びマークのアイコン)という状態異常のときは、【混乱】カードしか配布されません。
 こちらが〈混乱〉状態なら、手札の交換はかえって危険です。
 アイテムカードを使うと手札の停滞が可能になるので、全く効果の無い鎧やあるいは使用回数の無い武器などを使用して手札を循環させず、凌ぐという方法もあります。
 敵を〈混乱〉状態のして手札を交換させると、相手の手札をアイテム以外は【混乱】カード一色に出来たりします。
 技能配布系のアイテムで、混乱カードだけの配布にならないこともありますが、相手の状況や自分の状況を、上手に制御すれば、ある程度手札を操作できるでしょう。
 
 
 アクションカードは精神系の状態異常の影響を顕著に受けます。
 
 〈勇猛〉(炎マークのアイコン)なら、ダメージ系のアクションカードと勇猛性や好戦性のスキルが来易くなります。
 どうやらダメージ系以外のアクションカードの配布は制限される様子ですから、わき目も振らず攻撃したいときは勇猛状態になるとよいでしょう。
 回復系のスキルとは相性が悪いみたいですし、スキルカードよりアクションカードが配布される可能性もあるので、使う場合は気をつけないといけません。
 【フォウ】などの精神異常を治す効果も常に正常化しようと発動してしまうので、場所と状況を見極める必要があります。
 
 〈激昂〉(青筋ギョロ目の白っぽいアイコン)なら、配布される手札が【渾身の一撃】のみになります。
 上手に利用すると凄まじいコンボが出来ます。
 【眠りの雲】と併用すると「処刑台コンボ」と化すでしょう。
 〈激昂〉状態を操る【道化の嘲笑】というスキルが『碧海の都アレトゥーザ』の盗賊術にあります。(私もこのスキルの製作にかかわりました)
 あえてスキルの方が怖い敵を〈激昂〉にしたり、相手を動けなくして戦士を〈激昂〉させる戦略というものも面白いかもしれませんよ。
 
 〈恐慌〉(目に涙のアイコン)なら、【防御】と【見切り】のみが配布されるようになります。
 あえて〈恐慌〉になって、防御専念するという方法もあります。
 攻撃できるアイテムと併用して、防御しつつヒット&ウェイで戦うという方法は、スキルカードが戦闘に使い難い盗賊などでは、意外に使えたりします。
 自身を〈恐慌〉にするスキルなどはあまり見かけませんが。
 
 精神異常を持続効果の短い効果の上書きし、時間切れで治すという裏技もあります。
 
 〈混乱〉は上記の【混乱】に述べた通り。
 
 
 上手くアクションカード使って、ピンチを乗り切るスリルを是非味わってくださいね。
 
 では、今回はこのあたりで。
スポンサーサイト

コメント
誰もが知ってるアクションカードだけど、意外と知らない人が多いその素顔?を垣間見た感じで楽しかったです♪
私は、カードワースを始めた頃のときは、アクションカードが、正直あまり好きではありませんでしたが、使い方によっては、とても面白いですし、スキルカードやアイテムカードを凌駕する使い勝手のよさや、強力さがありますよね。
とくに、防御や見切り(そのナカでも、防御)はとても重要だと思いますし、巧く活用すれば今まで勝てなかった敵にも、勝つことが出来ました。

私は、性格的に防御が苦手(嫌いと言っても過言ではありません)なのですが、カードワースの世界では本当に重要で、大切という事を思い知りました。
※ほかでも、格闘ゲームなどでも重要ですが・・・(;^^)

生きる為、勝つためには、攻めるだけではなく、守ることも重要ですね。
何故か、フェイントが得意なキャラクターが、上手に作成できないのですが、フェイントと攻撃系アクションカードのコンボも生半可なスキルカードより、強い場合が多いですので、改めてアクションカードの魅力、そしてカードワースの魅力を再確認しました。

ありがとうございますm(__)m
【2007/02/21 21:40】 | らっこあら #mQop/nM. | [edit]
 おお、久しぶりの札講座だ~(喜)

 混乱状態での手札交換の怖さは、最初の頃にやってしまって以来、身にしみました。半分の確率で混乱がくるのに手札変えたら、そりゃ半分は混乱になるわな(笑)。
 混乱カードの適性は「知力+正直」だとずっと思ってましたが……。

 「会心の一撃」についてはちょっと意外でびっくり。得意でなくても、結構便利なつもりで使ってたので……。

 魔術師タイプは軒並みアクションカードの適性がつらいですねー。その分スキルが強いですけど。

 割合、何も考えずに殴ることが多いんですが……今度はフェイントも使ってみようかな、と思いつつ、これにて失礼します。
【2007/02/23 12:15】 | 大盾 #mQop/nM. | [edit]
 私がカードワースを始めた頃は20世紀で、【渾身の一撃】の威力がレベル比5とかの時代でした。
 
 今のアクションカードはバランスもよいですが、欲を言えばカード絵を256色に換える、エフェクトブースター対応のVer1.28に対応したパッチがほしいところです。
 
 防御やフェイントも使い方次第でものすごく便利になります。
 スキルと併用して効果を高めると、アクションカードでも宝物に見えるから不思議です。
 
 フェイントは効果の出るのがやや遅いので、せっかちな人はあんまり使わないかも。
 かくいう私も世紀が代わってからその魅力がわかった口でして。
 
 ダメージを与えるアクションカードはレベルや能力値の影響が強く、1レベル時の適性の合計が4の【会心の一撃】のダメージは5、得意といえる適性の合計が9の【攻撃】のダメージは7です。
 実は高レベルになると威力が逆転するんですが、その頃はアクションカードを使うよりスキルを使う傾向になっていると思うので…
 7レベル以降は手持ちのアクションカードをさらに上手に使えると思います。
 
 でも、カードワースは適性が低いと成功率が大きく低下するので、ダメージ系は適性の玉見て使う必要があるかも。
 
 よかったら、スキルの『その肆』も見てやってくださいね。
【2007/02/23 22:57】 | Y2つ #TIXpuh1. | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/11 09:56】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/111-e688e6ad