CW:Y2つ流札講座 その肆

2007.02.23(22:39)

 更新速度をあげて、第四回目です。
 
 今回は最初の買物について。
 手頃なスキルを、お勧めのシナリオと共に紹介します。
 
 カードワースは現在最新版のVer1.28がオフィシャルファンサイトで公開されています。
 旧エンジンとも呼ばれる昔のバージョンには、PCそれぞれが作成時からお金を持っているシステムだったのですが、Ver1.28ではパーティの共有財産として4000SPが宿にあるのみになりました。
 新しく宿を作って始める場合、所持金は4000SPとなるわけです。
 
 4000SPといえば、そこそこに大金なのですが、計画性を持たずに買物するとあっという間になくなってしまいます。
 全て使い切ると不安ですし、いくらか手元に残るように買物してみましょう。
 
 
 買物に当たって、最も重要になるのが店シナリオ。
 良い品を扱っているシナリオはたくさんありますが、懐具合と作りたての冒険者たちに相応しい品があるものといったら…
 
 Y2つがお勧めするシナリオは以下の通り。
 
・『交易都市リューン』(groupAsk 齋藤 洋さん)
・『碧海の都アレトゥーザ』(Martさん)
・『焔紡ぎ』(Martさん)
・『風繰り峰』(Martさん)
・『希望の都フォーチュン=ベル』(Djinnさん)
・『西の吟遊詩人の店』(Djinnさん)
・『死霊術の館』(SIGさん)
・『武の街キラナン』(wweさん)
・『森林警備隊』(如月真問さん)※レンジャーの登竜門だが、現在サイトが閉鎖中でDL不可?
・『亡き者の伝え』(飛魚さん)
 
 専門的な職業技能を考えて、マニアックなシナリオも入れておきました。
 
 まず、これらのシナリオでスキルレベル1のスキルを買うと良いです。
 600SPで買えるので。
 お勧めの1レベルスキルを職業別に分けると…
 
・戦士系(格闘)
【掌破】『交易都市リューン』
 魔法物理攻撃。命中精度も優秀。
 実体の無い敵を攻撃する奥の手に。
 精神適性なので扱いに注意。
 
【水牛の猛襲】『碧海の都アレトゥーザ』
 タックルで敵の体勢を崩す。
 威力もまずまずなので、このスキルから渾身の一撃に繋ぐコンボで序盤から大活躍できる。
 
 キラナンの格闘系スキルは、好みで習得すると良いです。
 
 
・戦士系(剣士系)
【担ぎ颪】『焔紡ぎ』
 命中精度がちょっとよいですが、何より破壊力抜群。
 ゴブリンクラスを一撃で倒せる破壊力があります。
 
【岩崩し】『焔紡ぎ』
 威力より、防御ダウンがありがたいスキル。
 その次のラウンドや、後続との連携で大ダメージを狙えます。
 素早いならこのスキルで敵の行動をキャンセルして、一方的に攻撃することも。
 
【三閃擾し】『焔紡ぎ』
 筋力適性で行える独特のフェイントで、しかもダメージつき。
 威力の低さは渾身の一撃などと組み合わせて補うと良い。
 フェイントが苦手な武骨系戦士の撹乱スキルとしてお勧め。
 回避効果もあるので、足の遅いキャラクターに使わせるとザコ戦での負傷を抑えられる。
 
 侍タイプの戦士が居るなら、二刀流ならSueさんのシナリオ『花散里』の【二刀流壱式】(器用度適性なのでパワー系にはお勧めしません)もお勧め。
 …1レベルの侍スキルはあまり見ないので、今度倭刀系の低レベルスキル、自分で作りたいです。

  
・戦士系(斧使い)
【興ぎ颪】『焔紡ぎ』
 剣術の【担ぎ颪】に近い。
 こっちがよりパワフルで精度が低い。
 
【岩破り】『焔紡ぎ』
 剣術の【担ぎ颪】に近い。
 同上。
 
【三閃攪し】『焔紡ぎ』
 剣術の【三閃擾し】に近い。
 同上。 
 
 
・戦士系(軽戦士・ダンサー)
【連捷の蜂】『碧海の都アレトゥーザ』
 一応、私がデータ面で製作に関わったスキル。
 偉そうなことは言えないのですが…
 
 長く使える連続攻撃スキル。
 初期ではこれで暴れまわって、スキル交換を召喚獣で行い、どかどかたたみかけけると強い。
 調子に乗って使っているとすぐスキル回数が無くなり、スタミナ切れになるので御注意を。
 
 3レベル以上になると(召喚スペースの関係で)全体攻撃が使えるようになるので、ザコ戦からボス戦まで末永く使えます。
 
【愛欲の虜】『碧海の都アレトゥーザ』
 普段【魅了】のスキルとして使える撹乱タイプのスキル。
 このスキルのポイントは【暴露】できること。
 【暴露】は上手に使うとそれは便利。
 
 カードワースのPCは敏捷度が大の苦手。
 素早いPCは狙わないと作り難いかもしれません。
 
 
・戦士系(槍使い)
 該当スキルなし。
 
 戦士系のスキルはほとんどが3レベル以上です。
 序盤はアクションカードで頑張りましょう。
 
 
・盗賊系
【盗賊の眼】『交易都市リューン』
 鑑定のベストスキル。
 有名で私の説明など不要かも。
 鑑定が出来ることが最も重要だが、このスキルそのものを持つことでイベントが起きるシナリオが結構ある。
 盗賊になったらとりあえずこれを。
 
【影に隠れる】『交易都市リューン』
 絶対回避スキル…なのだが、Y2つは使うことがめったに無いスキル。
 使い方次第では便利。
 戦闘中はこれを使ってヒラヒラ攻撃を避けてると、盗賊っぽいかも。 
 
【道化の嘲笑】『碧海の都アレトゥーザ』
 低レベル時にこそ便利。
 たぶん、あんまり使われないスキル。
 しかし、上手に使うとそれはもう凶悪。
 お勧めは【眠りの雲】+パワー系戦士にこれ、というコンボ。
 防御系アクションカードが使い手に配布されるので、そっちを使う手も。
 混乱や恐慌状態にされて、攻撃が出来なくなった戦士を激昂させ、【渾身の一撃】で攻撃可能、なんて使い方も。
 眠ったPCを無傷で起こせることを知ってる人は少ないかも。
 効果時間も5ラウンドなので、気軽に使えるのがミソ。
 敵の魔法使いを怒らせたり、戦士がスキル配布アイテムと併用しても鬼。
 玄人好みのスキルかも。
 
【小細工】『碧海の都アレトゥーザ』
 効果は地味だが、味方にスキルを1枚配布するという凄く便利なスキル。
 カード交換はされないので、味方にアクションカードやスキルカードを使わせ、そのときに横で使うのが上手いやり方。
 使用ラウンド中は回避しやすくなり、抵抗、防御が20%増しになるので、体力の無い盗賊の生存率を高める。
 スキル配布アイテムが少ない頃は、このスキルで戦士や僧侶の手札をスキルに換えて使うもよし。
 あるいは特定キーコードを狙う戦闘で、手札交換と一緒に使い、狙ったスキルの配布を助けるもよし。
 
【神経衰弱】『希望の都フォーチュン=ベル』
 敵全ての手札交換をするスキル。
 実は敵を精神異常にしてから使うと絶大な効果がある。
 ただ、激昂状態などではこちらが手痛い反撃を食らうこともあるので、敵を混乱や恐慌あたりにして使うとよいかも。
 効果の短い全体混乱状態とコンボで使うとよい。
 無理して買う必要はないかもしれないが、トリックスター系の盗賊なら、使っても面白いかも。
 
【記憶の欠落】『希望の都フォーチュン=ベル』
 味方のカードを全交換する。
 こちらが混乱中はくれぐれも使わないことをお勧めするスキル。
 逆を言うと、スキルや強いアクションカードを仲間に使わせつつ、手札を一新できる。
 使いどころが難しいので、カードワースに慣れないうちは使わないほうがよいかも。
 
 
・野伏系
【応急手当】『森林警備隊』
 戦闘中使えないという厳しい条件はあるものの、初期から体力回復と毒や麻痺の治療が出来るのが大きい。
 回復量は低くて悲しいのだが…
 魔法が使えないシナリオで重宝するかも。
 応急手当のキーコードに対応したシナリオがあったような。
 美人の女の子PCが昏倒している時、説明文に萌えた人がいたりいなかったり…
 
【忍び歩き】『森林警備隊』
 キーコード萌えなスキルかも。
 でもその他の効果は妙に見劣りするので、無理に買わないほうがよいかも。
 
 Y2つの持ってる『森林警備隊』はこれを買うと違う品が配布されます。(泣)
  
【潜伏】『森林警備隊』
 【影に隠れる】と適性が違うだけで同じようなスキル。
 
【癒使の手先】『亡き者の伝え』
 薬師系といったほうがよいかも。
 戦闘中にも使え、キーコードも便利。
 弱い毒や麻痺も治療可能。
 器用で慎重な女性向。
 序盤の回復スキルとしてお勧め。
 
 
・魔術師系
【眠りの雲】『交易都市リューン』
 魔術師のベストセラースキル。
 持っているだけで、集団戦からフィールドまで戦略がぐっと広まる。
 魔術師にはまずこれを、という定番もの。
 【渾身の一撃】との併用は凶悪。
 
【魔法の矢】『交易都市リューン』
 ダメージ系のベストセラースキル。
 私としては威力がありすぎるような…
 ゴーレムとかゾンビとか、作られたタイプには一撃必殺っぽい威力。
 これ1枚で遠距離攻撃まででき、魔術師の存在を貴重にしている様子。
 魔法属性は物理攻撃の効かない敵に効果を持つので、これ1個で幽霊とまで戦える。
 
【呪縛解除】『交易都市リューン』
 とあるシナリオで重宝するが、無理して買う必要はないかも。
 呪縛と沈黙を解除できる。
 回復が呪縛のみではないことがポイント。
 
【惑心の幻聴】『碧海の都アレトゥーザ』
 強力な混乱スキル。
 混乱状態とカード交換+混乱カード配布1枚があるので、相手をほぼ混乱させられる。
 成功した直後行動力低下もあるので、相手をとにかく混乱させたい時は便利。
 面白いキーコードもあるが、対応シナリオが無いので不遇なスキルといえるかも。
 
 
・僧侶系
【癒身の法】『交易都市リューン』
 僧侶の代名詞ともいえる回復のベストセラースキル。
 このスキルを持たないと始まらないとさえ言われている。
 回復量が大きく、冒険者の命綱。
 まずこれを購入することが、生き残ることの近道かも。
 
【亡者退散】『交易都市リューン』
 不浄な敵は抵抗失敗と同時に消し去る、対アンデッドの代名詞。
 あまりに威力があるので、所持を躊躇う人もいるぐらい。
 ゾンビの群れもこれ一発で消え去る爽快なスキル。
 でも、不浄な存在以外には全く役に立たない。
 アンデッドのいるシナリオにはぜひ持っていくべき。
 実はウィスプのような非実体アンデッドの駆逐こそ、このスキルが役に立つ時かも。
 ウィスプには物理攻撃が効かないので。
 
【静心の法】『交易都市リューン』
 精神を正常化できるスキル。
 効果がシンプルなので買わなくても【葡萄酒】で間に合うかも。
 無理に買う必要は無いかと。
 
【聖別の法】『碧海の都アレトゥーザ』
 カードワースにとって、防御力強化は最強のドーピングである。
 【魔法の鎧】は5レベルスキルなので、初期の頃は手が出ないのだが…
 このスキルは初期から使える防御スキル。
 対象は1人だが、10ラウンド平均の効果時間。
 これを回復役や魔術師にかけて戦闘するだけで、生存率がぐっとあがる。
 最初の支援スキルとして購入し、中盤から【魔法の鎧】などに変えていくとよいだろう。
 
 
・吟遊詩人(歌い手)系
【祝福の歌】『西の吟遊詩人の店』
 戦闘時に使うと敵味方双方をちょこっとだけ回復する。
 ただ、少量の回復でも行動不能から立ち直れるのがカードワース。
 こちらのパーティが敵より昏倒が多いときや、敵が体力満タンであるときは使うとよい。
 実は人質がいるギミックバトルなどで、広範囲魔法にさらされてダメージを受けた者を回復するとかもできないことはない。
 でも、戦闘以外で使って味方全員を大量回復するのが本来の使い方。
 戦闘中は【癒身の法】等で回復し、それ以外ではこのスキルで回復すると効率的かも。
 
【笛吹きの歌】『希望の都フォーチュン=ベル』
 ランダム動物召喚のスキル。
 外れもあるが、実はお勧め。
 戦闘以外に使うと回復にも使えるので、吟遊詩人になって何を所持するか迷ったら買うとよい。
 これで動物を召喚しつつカード交換しているだけで、序盤の戦闘ではなかなかに活躍する。
 熊とか出てきた日には、敵を哀れとすら思うかも。
 
【子守唄】『希望の都フォーチュン=ベル』
 【眠りの雲】と同種。
 平和適性で、回復が得意なPCが成功率を上げられる面白いスキル。
 物理魔法属性なので、魔法、あるいは物理攻撃が無効の敵には効果が無い。
 …が、眠りが全属性なのでアンデッドもゴーレムも眠らせることが。
 これはバグ?それとも仕様?
 今回の記事書いてるときに気がつきました。
 

・精霊術師(精霊使い)系
【泉精召喚】『碧海の都アレトゥーザ』
 長く不遇だった精霊術師も、Martさんの精霊術への参入でだいぶ状況が変わってきました。
 
 このスキルは付与するタイプの防御支援スキル。
 効果は弱いが、【魔法の鎧】等とセットで使えるので、召喚のスペースに余裕があるなら使うとよい。
 防御力と抵抗力10%UPを三回。
 攻撃を受けなければ減らないので、保険にかけておくとよい。
 初期の頃は体力1点のダメージで生きるか死ぬか別れるので、案外重宝するかも。
 新バージョンではスキル絵がぐっと色っぽく…
 
【気精召喚】『風繰り嶺』
 召喚と同時に行動力が上がるというスキル。
 召喚したエアリアルはチマチマと攻撃してくれる。
 痛烈な攻撃力こそ無いけれど、遠距離攻撃はフィールドの見張りを攻撃する時重宝するかも。
 命中すると敵の行動をキャンセルするので、大胆で素早い行動順の早い精霊術師にお勧め。
 ダメージの小ささは、混乱状態+混乱カード1枚配布の撹乱効果がかなり強いので気にならない。 
 しかし、魔法物理属性なので非実体のウィスプとか、魔法の効かない連中には効果が無い。
 
【地子召喚】『風繰り嶺』
 同作者さんの『焔紡ぎ』ではある種族だとただでもらえる可能性が…
 しかしながら、『焔紡ぎ』で精霊術が買えるようになるのは何度も通った後。
 ここで買ってもよいかも。
 使用直後に回避力を高くしてくれるが、召喚の次のラウンドに発動して回避力を【精霊の盾】の単体版のように上げる。
 トリッキーなスキルだが、回避効果は大きいので術者の自衛用に。
 
【熱霊召喚】『風繰り嶺』
 術者の実力がものをいう成長スキル。
 召喚スペースに余裕があれば数も増え、レベルが上がれば威力も増す。
 攻撃力のあるスキルだが、加えて抵抗突破がしやすいのでダメージも大きくなるかも。
 炎が苦手な敵には強く、魔法属性なので炎が効けば(ウィスプは無理)実体の無い敵にも効果がある。
 遠距離攻撃は見張りを倒すのに役立つ。
 しかも、明かり。
 ランタンや松明がいらないかも。
 
・死霊術、異形系
 この手の異端タイプのPCはSIGさんの『死霊術の館』で買うとよいです。
 1レベルスキルを見繕って買ってみて下さい。 
 
 他にも、wweさんのサイトの『ヒトコト』のコーナーでDLできる専門的なスキルを買えるシナリオも面白いものがあるかも。
 
 
 所持金4000でY2つがスキルを買うなら…
 
・魔術師→【眠りの雲】(吟遊詩人が【子守唄】を持つなら【魔法の矢】)
・僧侶→【癒身の法】
・精霊術師→タイプによるが、攻撃なら【熱霊召喚】。防御なら【泉精召喚】。
・戦士→パワー系なら【三閃擾し】(【三閃攪し】)か【水牛の猛襲】で崩しを補強。
    スピード系なら【連捷の蜂】。
・盗賊→【盗賊の眼】(鑑定スキルがあるなら【小細工】)
・吟遊詩人→【笛吹きの歌】(魔法使いが【魔法の矢】なら【子守唄】)
・野伏&器用な万能タイプ→【癒使の手先】(予備の回復、職業の枠無しで使うにはこれがお勧め)
 
 こんな感じで一個ずつ1レベルスキルを買うと3600SPで1人1個が可能です。
 残りのお金は残すか、薬を買うとよいかも。
 
 ここで紹介したスキルは、職業による制限はありませんが、持ってるスキルで職業断定されるシナリオもあるので、職業の雰囲気にあったスキルを装備することをお勧めします。
 
 
・『風繰り嶺』では導入時に戦闘があるので、最初に他のスキルを買い揃えてから向かうと吉。
 初期の所持金は少ないですが、『亡き者の伝え』、Fuckin'S2002さんの『隠者の庵』、『風繰り嶺』の導入終了時に300SPずつ手に入ります。
 経験値が関わらないので、これらで小銭を稼ぎ、余裕が出来たら『希望の都フォーチュン=ベル』の1レベル推奨の依頼を2つクリアして600SPを稼ぐとよいです。
 その後に、『碧海の都アレトゥーザ』の護衛ミッションをクリアして400SP稼いでおけば1900SPほど稼げます。
 後は手頃なスキルやアイテムを買って補強し、SADAさんの『カルガランの灯火』をプレイして、2レベル以上でASKの『ゴブリンの洞窟』に挑めば、スキル配布アイテムも2個手に入り、後のシナリオで楽です。
 
 まあ、これは初期のシナリオ選択の一例ですが、参考まで。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/113-5e650e0e