CW風 英雄紹介 3回〈クー・フーリン〉

2007.04.22(00:08)

 第3回の英雄は、ケルトの英雄クー・フーリンです。
 
 槍を使う英雄といえば、十中八九筆頭に上がるほど有名な戦士で、多くの神話の英雄の例に漏れず、神様の血を引く半神の英雄です。
 
 光の神ルーとコノア王の妹デヒテラの間に生まれたクー・フーリンは、幼名をセタンタと言いました。
 
 あるときコノア王が鍛冶屋のクランの館に招かれたとき、セタンタも声をかけられるのですが、セタンタはハーリングというスポーツに興じる最中で、終わってから行くと答えました。
 しかしそれを王が伝え忘れてしまったので、館にはクランの番犬が放たれ、そうとは知らずに1人でやってきたセタンタは、この番犬に襲われます。
 しかしセタンタはその怪力で番犬を絞め殺してしまいました。
 自慢の猛犬を失い嘆くクランに、セタンタは自分がこの犬の仔を育て、さらにはそれが成就するまでクランの家を守ることを申し出ました。
 このことから、セタンタはクランの猛犬…クー・フーリンと呼ばれるようになりました。
 
 クー・フーリンはドルイドのカスバドに、騎士となればエリンに名を残す英雄になるが、その生涯は短いものになると予言されました。
 それでも騎士になる道を選び、王に実力を示してついには騎士になります。
 
 クー・フーリンは、影の国の女王スカアハの元を訪れ修行し、その名とともに語られる必中の魔槍ゲイボルクを授かります。
 
 一本気で、誠実ではあるものの、惚れた女性の父親が求婚をしぶったらそいつを殺して娘をぶんどるような豪快と言うか粗野な男でした。
 
 戦いともなれば凶悪な顔になって敵をばったばったと倒したクー・フーリン。
 ケルトの戦士は制約を守り、魔力を得ることで人外な力を得るとされるのですが、ゲッシュ(禁忌)とよばれる約束事を破ると、逆に命にかかわるペナルティを負います。
 クー・フーリンはこのゲッシュを敵の策略で破るように仕向けられ、最後はゲイボルクを奪われて刺し貫かれますが、そのときこぼれた内臓を拾って洗い、自分に詰め込んで、石柱に体を縛りつけ、倒れることなく息絶えたといいます。
 
 なんと言うか豪快な英雄の代表といえばクー・フーリンかもしれません。
 良くも悪くも真っ直ぐで、太く短く生きた勇者と言えるでしょう。
 
 
◇クー・フーリン
 レベル11 英雄型 大人
 
器用度:8 敏捷度:9 知力:4
筋力:10 生命力:7 精神力:6
 
好戦性+3 社交性+1 勇猛性+4 大胆性+3 正直性+3
 
装備
・魔槍ゲイボルク
・名馬マハとセングレンの引く戦車
 
特殊能力
・凶暴化:顎が頭ほどの大きさになり、逆立つ髪から血が滴るほど恐ろしい姿に変身。行動力他、能力アップと敵を恐怖に陥れる。
・制約:破るとその力を奪われるが、守る限りは戦士として大きな能力を得られる。
・毒に強い:付帯能力。薬を盛られても、早くそれを無効化する。
 
 
 いやぁ、強いですねやっぱり。
 神仙型でも通じそうですが、性格が極端ということで英雄型に。
 ちなみに変身する前はとってもハンサムだったそうです。
 
 筋力が10なのは、他の能力とのバランスですね。
 オーガー並ですし、変身すればさらにパワーアップしますし。
 
 彼に関しては、極端で馬鹿正直、といえるでしょう。
 死を恐れず、自分の道を貫く姿勢はまさに一本の槍ですね。
 
 だから我々も彼の英雄譚に心を串刺しにされるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント
こんばんは。女の私が言うのもなんですけど、クー・フーリンは良くも悪くも「男臭いなぁ」と感じさせる英雄のように感じます。こう言ったら失礼ですけど、一歩育て方を間違えてたらアニキの部族に仲間入りしてそうな、そんなイメージです。偏見ですが。

ケルトの伝承を見るたび思うんですけど、ゲッシュって面白いですよね。ケルト色がかなり薄れている聖杯探求の話なんかでも、元を辿ればゲッシュだろう、というような制約が出てきますし。

実は私、前にゲッシュをネタにした付加能力とスキルを作ろうとした事があるんですよ。ギミックが難しいのと、バランスがとり辛いのと、カード絵が思い浮かばないのと、という三重苦で諦めちゃったんですが。カードのネタはぽんぽん思いつくんですけど、それを再現できるだけの才能が無いんですよねぇ……。
【2007/04/22 22:36】 | 氷羽 #Voi4hQyk | [edit]
 クー・フーリン、女性に対する恋愛観は、強引でしたがあの時代にしては正常なほうみたいで、男に混じってただマッシブでバトルをしてた感じではないのですが、そこを除けば本当に男…というか漢と書いておとこと読むタイプに感じますね。
 変身バージョンは半兄貴かもしれません。
 素は美形らしいですけど。
 
 ケルトのゲッシュはものすごい強制力がありますね。
 ギリシャ神話のデルフォイの信託並に強力です。
 
 アーサー王伝説にもケルト神話は結構影響してますね。
 アーサー王伝説そのものが、神話を吸収して生まれた英雄譚ともいえますし。
 
 制約のあるスキルは、私も数多く作ってみましたが、扱いがなかなか難しく極端になってしまいます。
 
 Ver1.28エンジンの時限消滅称号を使えば、かなり複雑なシステムが組めますので、うまく使えば「一定時間狂戦士化、効果時間が過ぎると倒れる、その前に戦闘を終わらせると効果時間がリセットする」みたいなことも可能です。
 一応、擬似的に両手片手の装備概念なんかも作ってみたことがあります。
 この手のギミックは慣れとバグの出現には覚悟しなきゃならないです。
 私の作るスキルも、それはもうバグが多かったもので…
 
 この手のスキルは才能より、エディタの使い方に慣れたシステム知識のしっかりした人の方が巧みに間違いなく作れると思いますよ。
 それに、スキルのアイデアが思いつくなら、システムにあわせるだけですから、十分才能もあると思うのですが…
 
 今度、ケルト系のスキル、挑戦してみましょうかねぇ。
【2007/04/23 11:42】 | Y2つ #TIXpuh1. | [edit]
ゲッシュの付加能力、私が考えていたのも時限消滅称号を使ったものでした。ギミックの方は私の拙い知識でもまぁなんとかなりそうだったんですが、問題はバランスの方だったんです。ペナルティがあるからと強力にすれば、ただのバランスブレイカーにしかならず、だからといって抑えればペナルティばかりが目立って使い物にならず、といった感じで。公開する気もないのにテストプレイしてもらう訳にもいかず、さらにカード絵も思いつかず……という訳で諦めたんです。

付加能力は非常にデリケートで、素人が手を出していいものじゃない、と思い知らされましたね。

ケルト系のスキルですか。私はそういうスキルを見たことがないので、面白そうだと思います。Y2つさんのスキルのセンスが好きなので、是非見てみたいですね。
【2007/04/23 18:03】 | 氷羽 #Voi4hQyk | [edit]
 ギミックスキルはバランス調整が厄介なのは確かです。
 あまりに制約の大きいスキルは、普段使う気を起こせなくなるので使いづらいですし、かといってあまりにもちゃちなペナルティだとドン引きしますし。
 私なんかは、スキルチェックしてちょうどよかったりしても、総合的なダメージやカードの希少性などを考慮して、微調整をします。
 リューンのスキルとおんなじか少し強いぐらいまでが、レアなスキル。風屋の単品スキルはこれに当たりますね。
 それから防御ダウン系効果があるスキルは、ダメージが大きいので-1~-3レベルを目安にします。
 多売スキルならばリューンスキルぎりぎりから-1レベルぐらい。
 ギミックスキルは、効果の総量をそれぞれ求めて、その和を目安にし、効果がたくさんになるたびに少しずつ(0.1~0.2レベル)弱くする感じでしょうか。
 最終的に多少の誤差は雰囲気重視で無視しますけどね。
 実際結構適当なのですが、ダメージに関してだけはレベル比5を超える場合、非常に気を使います。
 それ以上の威力は能力の影響でかなり差がでるので、固定ダメージにしたり、制限して、バランスが合わないときは回避や能力ダウンなどの付加効果でバランスを調整するようにしています。
 そのためか、全属性のレベル比6以上のスキルはめったにできません。
 
 付帯能力なんかはさらに難しいです。
 一応販売価格が1000SPにあたるので、3レベルのスキル相当の価値を目安にし、あとは販売価格で威力を足し、アイテムふうに調整していく感じですね。
 1000SP相当で能力値(回避とか)+1程度に考えます。
 スキルと同じ枠にすると、絶対思うような付帯能力はできないですね。
 弱く弱く、と『風屋』の【神龍の御力】なんかはそれであのすさまじい値段になるわけです。
 低レベルPCには怖くて使えませんし、使用者の認定が結構シビアですし。
 鋼鐡二種はおまけなのでちょっと強め。
 でも新バージョンでは制限つけようかなと思っています。
 
 ケルトのスキル、せっかくですから2~3考えてみます。
 そんなに派手なのにはならないかもしれませんが。
【2007/04/23 20:22】 | Y2つ #TIXpuh1. | [edit]
アドバイスありがとうございます。今後自己満足スキル作る時の参考にします。公開することはないだろうと思いますが……。

「鋼鐵の淑女(女神)」は愛用してますよ。ウチのパーティーはプロ野球選手がモデルなのですが、そのパーティーのエース(リーダー)に装備させてます。「精霊の加護で鋼の150kストレート投げるぜぇ!」的なイメージで。実際やったらドーピングに引っかかりそうですが(笑)

ケルトのスキル、なんだかリクエストしちゃったみたいで申し訳ないです。『風屋』の「主神の魔槍」「戦鎧の乙女」といった北欧系スキルに感動したクチなので、こちらの方も楽しみにしてます。
【2007/04/23 21:21】 | 氷羽 #- | [edit]
 少しでも参考になれば幸いです。
 私も初期に作ったスキルとか、非公開の個人用スキル、アイテム、ありましたよ。
 …PCの故障で消え去ってしまったのですが。
 
 鋼鐵シリーズは【神龍の御力】級の第三段階を作ってます。
 鋼鐵専用の破壊スキルも模索中です。
 ダナはケルトでもトップ級の神様ですが、この女神様はその鍛治と破魔を司る分霊からの派生、という設定です。
 ケルトの女神が、状況に応じて名前と司るものをかえて現れることは、例がけっこうありますし。
 ダナは一柱の神霊として区切るには強力な女神ですからね。
 
 新しい必殺技は武器を選ばず、筋力+勇猛性適正で使う精霊術で、魔力ごと敵を粉砕する付与型の攻撃です。
 
 ケルトのスキル、ほしい効果があったらリクエストしてください。
 システムの許す範囲で挑戦してみます。
 
 またお越しくださいね。
 では。
【2007/04/24 12:35】 | Y2つ #TIXpuh1. | [edit]
こんばんは。 向こうのコメント、見せてもらいました。
一言で言えば、気にしないでくださいな。
僕自身、そちらの設定は凄く参考になりますし、コメントが入ってくれるのは凄く嬉しいんですから。
だから長くても短くても、設定が入っていても、僕は大歓迎ですよ。

今回のはまぁ、犬に噛まれた出来事だと思って下さい。 あのコメントは荒らしとして処理しましたし。
少なくとも、僕自身はそちらの設定を読むのは好きですし、参考になったりもしますからこれからもじゃんじゃん書いちゃって下さいな(笑

ああ、あとリプレイの方はまだしばらく掛かります。 銃に関しての設定と三話のキャラを動かすのに手間取っちゃってて(苦笑
別の方で小説も書いたりしますし、なんか忙しくなったみたいです(笑

もし、そちらで出すのなら後日メールでシュウ、エアリスを含むキャラの設定を簡単に纏めて送りますね。
それでは
【2007/04/25 01:15】 | 龍使い #- | [edit]
 ああいうコメントを呼ぶ原因になったことはたしかなので…
 申し訳なかったです。
 
 長くなったりするときは、管理人限定の閲覧とか、もう少し配慮しますね。
 
 リプレイはのんびりお待ちしてます。
 文章が長かったり、設定組んだりしてると結構時間がかかりますからね。
 とくにセリフの多い、長いシナリオのリプレイなんかでは編集で半泣きになります、私。
 
 ほしい設定とかあれば申してくださいね。
 私もメール等でお送りいたします。
 
 では。
【2007/04/25 10:21】 | Y2つ #TIXpuh1. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/129-06fe0a73