Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リプレイ書きの戯言〈1〉

 最近、カードワースのリプレイを書かれる方が増えてきました。
 同じリプレイを書くものとしては嬉しい限りです。
 
 先輩ぶるつもりもありませんが、先に手を出したものとしては、新しく書かれる文章に興味津々ですね。
 
 
 リプレイを書き始めたころを思い出します。
 Martさんのリプレイに影響されて、こっそりと始めたこのブログ、
 最近は来て下さる方も増えました。
 そっちもありがたいことです。
 
 
 しかし、新しく書かれる方は、私と似たようなジレンマも抱えるのではないか、という心配もあります。
 例えば荒らしに宣伝書き込み、長文編集の作業の大変さや、誤字脱字を見つけ、PCの前で真っ赤になって恥じたり。
 
 あと、読んでくれる人やコメントを期待してるのに、反応がなくて悲しくなるとか。
 
 私の場合は本当に好き勝手書いてました。
 自分のブログだから、やり放題やっちゃおうと、セコセコと記事を増やして行きました。
 このあたりは日記的なブログらしい進展だったと思います。
 
 いつの間にか、特別なリンクに登録したわけでもないのに人が来るようになって、あの頃は一つの書き込みにもびっくりしてたことが思い出されます。
 MartさんやDjinnさんという、すごい作家さんと知り合いだったので、そっちのサイトから覗きに来て頂いた方もいると思います。
 始めた頃は試行錯誤でした。
 
 今でもコメントに感動し、誤字誤文を見つけては泣きそうになってますが。
 駄文ばかり書くのも変わってないですね。
 
 
 新しくリプレイをなさる方、一番のジレンマは書き続けることだと思います。
 時間がかかっても、気が向いたときに書いてれば自然と文章はたまります。
 それをUPし、続けていくことは、手間もかかりますし、仕事や学問に時間をとられて難しいときもあります。
 そういう人はマイペースにやれば何とかなると思いますよ。
 私を例に挙げるなら、ですが。
 
 あと、人がなかなか来てくれないこともあります。
 宣伝しないと知られないままだったりしますし、読んでくれる人がいない寂しさもあるかもしれません。
 でも、ブログは「たまに見られる雑記帳」感覚で書くと気楽です。
 コメントを頂けたときは語法日をもらった気分になります。
 
 大変でも、気長に書いて頂きたいなぁ、と思います。
 
 …なんて、えらそうなこと申してますが、本心は野次馬根性で、他の方の文章が見たいのが大半です。
 
 まあ、これらは戯言ということで…失礼いたしました。
スポンサーサイト

リプレイ書きの戯言 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<『第一歩』 中編 | HOME | 『第一歩』 前編>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-05-02 Wed 21:51 | | #[ 編集]
ども、龍使いです。
僕自身はそれほどジレンマは無いかな~と言う部分が多いですね。 むしろ、気侭に書いてて感想が貰えれば良い程度が今の現状です。(笑

ただ、長く書き続ける事……それは確かにSS書きにとってどんなに月日を経ても越える事のない大きな壁ですね。
僕自身も、長く書き続けるのは苦手です。 むしろ、ネタが詰まればその時点で筆を止めてしまうケースは頻繁にあります。
ですが、それでも浮かべばまた書いてしまう辺り、懲りない性格とも言えるかな?(苦笑
ただ、ブログにも書きましたが僕自身は気侭に書いて行くつもりです。 僕自身、それで食っていくとか評価が貰えると言うのは蚊帳の外ですし。
もちろん、コメントを貰えれば嬉しいんですけどね(笑

っと、話変りますが、前にいただいたコメントについて少々…。
アレは僕の書き方が悪かっただけですが、別段エアリスは器用貧乏な訳じゃありません(笑
オールマイティーは好きですが、リプレイメンバーは実質二代目チームなので初代チームと被るようには作ってませんので(笑
エアリスは強いて言えば後方支援タイプですが、回復特化にすると敵が来た時の防衛手段が無い状態になるので掌破を装備させたら、適正が高かったと言うだけです。
踊りや歌は趣味で上手いですが、それをスキルにすると言うわけでもないですし、精霊と仲良く出来るのは母親の資質を受け継いだためとも言えます。
エアリスの母親は、北方に位置する村の人間で精霊術師の家系に生まれた女性です。
その彼女が何故異端審問官のカイルと結婚したかというと……単純に言えば、双方の一目惚れですね。
エアリスの母は、17~8位の時にリューンにある賢者の塔に行くために故郷を離れ向かっていたのですが、その道中で野党に襲われます。
その時に、当時修行中だったカイルと同僚に助けられて(こちらの世界では、神官と言えど護身用の技は身につけてるので)、その時に彼女は好きになったと言うところです。
カイルもまた、彼女の美しさと優しさに惚れて、互いに付き合って行くうちに結婚し、そこで生まれたのがエアリスなんです。
それと、ファザコンではありません。
尊敬してはいますが、そこまで行っているのではなく、目標みたいな感じです(笑

シュウに関しては、概ね正解です。
出生と過去についてはリプレイで話ますが、ネタをばらせば、シュウは故郷で災厄の子供と呼ばれていました。
シュウの故郷の村では、月が無い日(新月)に生まれた子供を災厄の子供と呼び、忌み嫌う風習がありました。
近年では、そう言った事はあまり無かったのですが、シュウの場合は別で、新月の晩に生まれ、目の色が常人と違ったんです。
右目は血の様に紅い目で、左目は空の色よりも尚蒼い目をしています。
その目を見た村の人達は、シュウを災厄を呼ぶ子供と呼び、彼は十年間、家族と共に忌み嫌われる存在となってしまいました。
やがて、その差別が自分にあると言う事実に気付き、10歳の時に故郷を離れて、あての無い旅を続けていました。(何故かこの時から考え方が普通の子供と違っていた)
その1~2年後、先に話した騎士団長と出会い、養子として引き取られ、後々に自分の人生を狂わせる事件と遭遇する…と言った感じです。
故郷部分に関しては、後々変えるかもしれませんが概ねこう言った理由がシュウにはあります
目に関しては、特殊な魔法で目の色を誤魔化しています。 そうしないと、リューンなどでは異端扱いされてしまいますしね(苦笑

銃に関しては、先も言った通り古代兵器の一種ですね。
こちらの世界では、科学と魔法が同時に発達した時代と言うのがあり、魔導銃と言うのはその時代で作られた兵器の一つなんです。
ニュアンスが違いますが、魔法王国シリーズのアイテムと道義と捕らえてもらえれば概ねOKです
その銃が後々に発掘され、オリジナルを元にしたレプリカが作られるんですが……これがまた偉い生産コストが高く、出回り自体が少ない……と言うか、現在では生産されてません。
魔法をチャージする鉱石(弾丸、もしくはカードリッジ)の産出から本体に使う金属までのコストは、向こう10年研究に使える研究費用が出る程無茶苦茶なんです。
現在存在している魔導銃は、オリジナルを含めて8丁。 その内、こっちのPLが所持しているのは、形見のオリジナル魔導銃『ジェミニ・クロス(交差する双子)』(ジェミニって双子だったよね?)
入手経路は後々のリプレイで(笑

と、こんな感じですね。
長々と書きましたが、ここで終わりたいと思います
駄文、失礼しました。 リプレイ3話はGW中に書き上げます故~
それでは
2007-05-02 Wed 22:59 | URL | 龍使い #-[ 編集]
 リプレイ製作、御苦労様です。
 
 なるほど、エアリスやシュウはそういう出生ですか。
 
 …ごめんなさい。
 私はシュウの瞳より、やっぱりエアリスの髪の方がインパクトありました。
 
 左右異色の眼、オッドアイは実際に混血などで生まれますし、種族は別ですが、うちで飼ってたハスキーがそうでした。
 奇妙な眼のそのもっともたるヘイゼルアイは、感情で色が変わるといいますが、これもあるみたいですからね。
 さすがに純正の金銀妖眼(ヘテロクロミア)だったりすると、目をつけられそうですが、逆に隠すより使ったほうが面白そうな設定のように思います。
 特殊な魔法とかだと、そっちを異端視されそうな気も。
 私の考えでは、ですが。
 こういう場合、感情で瞳の色が変わるとか、新月のみ瞳がオッドアイに変わるとかでも面白いかもしれませんね。
 
 忌み子や鬼子として、迫害や差別をすることは実際かなりあったようです。
 その内容は理不尽とか言いがかりに近いものも、多かったようです。
 四肢の不具や原因不明の病気なんか、そうですね。
 節分の豆まき、私嫌いなんです。
 昔、縁が無い独り身の子供なんかを、鬼の姿に扮装させて、石をぶつけた名残、とか聞いたことがありますし。
 
 シュウの故郷って、月を信仰する民族とかでしょうか?
 その場合は新月を忌み嫌うのもわかる気がするのですが。
 
 銃については、レベッカ姉さんも知らないという設定にしておきます。
 きっと、「魔法の武器」扱いで、〈銃〉という名称は呼び名の一つ?とか思うのが、中世の人たちでしょう。
 ぺすとるは、本当に魔法みたいな武器ですからね。
 
 登場は後の楽しみにしておきます。
 
 リプレイ、がんばってくださいね。
2007-05-03 Thu 00:05 | URL | Y2つ #TIXpuh1.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。