Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

リプレイ書きの戯言〈3〉

 カードワース、能力値に関するバランスや具体的なデータについては、参考にできるものが少なく、実際シナリオごとに扱いがまるで違います。
 しかし、プレイする上で、連れ込みNPCのデータを見たり、ゲームバランスを判断するには、こういう基準もそれなりに役立ちます。
 
 後に記すのは、私がカードワースをプレイしていて、このバランスがベストかな?と感じたものです。
 最初に断わっておきますが、そのデータはよりY2つの私見が強く影響しています。
 ASKのものより、若干厳しく弱めに見ています。
 一応このバランスを推奨する根拠は、それなりにありますが、鵜飲にはしないようにして下さい。
 あくまでも、参考に、ということで。
 
 
◇能力値
 ASKのヘルプにおいて、キャラクターの平均能力値は6、合計36ぐらいとあります。
 しかし、細かい指定はありませんし、これは「PCとしての冒険者」の平均ぐらいで、これを一般人に当てはめると強くなり過ぎますように思います。
 また、デバグで作成できるテストPCの【TYPE:バランス】は「身体特性、性格傾向ともに全能力値が平均値のキャラクターです。どんな作業でも、ほどほどにこなします。」とあります。
 ほどほどというのは、適度ということです。
 また、公式データのホブゴブリンの膂力は優れているはずですが、6です。
 さらに、隠し要素の一つである特殊型に【凡庸型】がありますが、そのデータはだいたい平均能力4です。
 ASKのシナリオ『賢者の選択』に、村人のデータがありますが、これも平均4平均ぐらいです。
 
 それに、PCとなる冒険者はある程度常人より優れた才能があると見なした方がよいでしょう。
 
 そういった結論から、私は一般人の能力値を「4」に設定し、それを基準に考えています。
 それに、6以下は「劣る」と設定してしまうと、主人公タイプのPCのバランスの基準が高過ぎて、特殊型の凡庸型を除く上位型ぐらいの能力値を求めてしまうからです。
 【凡庸型】などは、「おしなべて低い」ことになってしまいます。
 さらに、雑魚のチンピラがPCと同等のバランスで大量発生されても困りますし、スキルの一発がより恐ろしくなります。
 
 さらに、「4」は適性の玉がぴったり普通に変わる値です。
 
 4平均を基準にNPCを作ると、バランスがとても調整し易くなります。
 5平均の合計30でNPCを作っても、そこそこ優秀なNPCを作成できます。
 
 加えて、極端な才能の【策士型】や【豪傑型】は、通常は能力値の合計が36より低いのです。
 場合によっては合計31ぐらいになってしまうことも。
 
 このことから、やや弱めに基準を定めておくと、PCの個性を「他の能力値は平均的だが、~に優れる」ぐらいに設定できるのです。
 シナリオ制作者の方がこの基準を用いると、雑魚が強くなり過ぎたり、めっぽう強いNPCを作ったりすることが少なくなると考えています。
 
 これらをふまえ、私なりに能力値について基準を作ってみました。
 
 
○能力値0(無きに等しい)
 ゾンビーの知性や石ころの敏捷性並です。普通生物ではこの能力値であることはありえません。反応だけのキャラクターの知性とかもこれでよいでしょう。
 通常の人間ではありえない能力値です。

○能力値1(どん底)
 普通は最低値です。PCの場合で一番低い基準になります。鶏並の知性や重病人の生命力とか。致命的に低いということですが、「壮絶に下手」というぐらいまでは含めてよいでしょう。
 ※尚、宿で作成したPCの場合、能力値が0になることはありませんが、能力値が1だと年代の変更を行って成長できるとしても、2に増えることはありません。バイナリエディタなどを使わない限り、一生1のままです。

○能力値2(苦手)
 得意ではありえません。普通の人間ならこのぐらいはほしいところ。

○能力値3(不得意)
 総合的なバランスからすれば苦手な方ですが、一応は及第点です。一般人の中では気にならないでしょう。普通のバランスでまとめるなら3以上であるべきです。大人と老人と子供の生命力、子供の腕力といった感じでしょうか。

○能力値4(一般人並)
 一般人の平均的な能力値です。優れてもいなければ劣ってもいません。「人間の能力値は4平均」として考えます。4を超える能力値であれば優れていると考えてよいでしょう。

○能力値5(まあまあ)
 全盛期の男性の筋力や女性の器用度、老人の知性や精神力、子供の器用さや敏捷性は平均でこのぐらいです。ちょっとだけ得意なレベルですから自慢できるほどではありません。

○能力値6(良い)
 宿で作成するPCの能力値の平均はこれぐらいです。兵士や木こりの平均的な筋力、猟師の敏捷性、職人の器用度…そんなところでしょうか。6あれば得意な部類に考えてもらってよいでしょう。知力であれば、「聡明」程度。

○能力値7(優秀)
 優れています。敏捷性なら素早いといえますし、筋力なら力持ちといえるでしょう。7あれば周囲に「優れている」という印象を与えるには充分です。十分自慢できる値です。

○能力値8(かなり優れている)
 一般人から見れば相当(基準の2倍)優れています。魔術師なら塔への推薦がもらえるでしょうし、戦士なら「豪腕」と呼ばれるでしょう。一般人であればこの能力値を超えることはほとんどありえないでしょう。(村一番の力持ちや物知りじいさんはこのぐらい)

○能力値9(秀逸)
 文句無しです。大都市で専門家としてそれなりの地位が得られるでしょう。通常の人間で名無しNPCなら、この値を最高に設定しておくぐらいが良いです。

○能力値10(天才)
 才能としてはオリンピック選手並の素質です。NPCでこの能力値を超えることはよっぽどで無い限り避けるべきでしょう。剣豪とか大魔術師と呼ばれる者の能力値で、飛び抜けています。力ならばオーガー並です。

○能力値11(大天才)
 天性の素質を持っています。人間でこれだけの能力値の者は少ないでしょう。

○能力値12(極み)
 普通にPCを作成した場合、特殊型でも12を超えることは決してありません。人間の至る才能の限界です。世界でも屈指の大英雄になら、あるいはいるかもしれません。腕力ならばミノタウロスと腕相撲可能です。

○能力値13(人外魔境)
 人間ではありえません。規格外です。軽々しく使うべき基準ではありません。外見や特徴で人間の基準から外れているかもしれません。普通のシナリオでの使用は避けるべきです。
 
○能力値14(神域)
 人では及びもつかない存在…魔神の王や神々の領域です。一般のPCに対してこの能力値をぽんぽん出して対応するのは問題があるかと。

○能力値15(究極)
 誰が何と言おうと最大値です。アソビにある能力値として、使うべきではないと考えます。
 
 
 13を超える能力値は、人間であれば避けるべきです。
 バトル用に調整するのでもない限り、この数値をNPCとして使うにはお勧めしません。
 宿のPC作成では、決して12を超えられないので、12を最大として考えることをお勧めします。
 
 正直私は、13以上の能力値を持った連れ込みNPCは使いたくありません。
 それに、1以下あるいは13以上の能力値は、成長や老化(年代の変更)を一切受け付けなくなります。
 無理に使っても、バランスを崩すだけのような気がします。
 古代龍の巨体から振るわれる怪力とか、知恵の神様の知力とかの領域でしょうね。
 
 
 次は、能力値の合計(私はこれをGradeと呼んでいます)の基準を考えてみます。
 
○合計0
 平均も0です。NPCとしても使える基準ではありません。
 
○合計6
 平均1です。小さな虫並でしょうか。
 
○合計12
 平均2です。末期の病人や麻薬中毒で様々な能力を失った人間でしょうか。知力や精神の無いアンデッドモンスターなどなら、このぐらいの者もいるかも。
 
○合計18
 雑魚モンスターの平均です。あるいは贅沢のし過ぎで全てに劣る、貴族のバカ坊などでしょうか。
 
○合計24
 常人並です。雑魚としてはちょっと上。義勇兵や村人ならばこの程度で十分です。
 
○合計30
 そこそこに優秀です。兵隊長や名前付きのNPCならこの程度で十分でしょう。レベルが高ければ中ボスクラスも可。騎士や兵隊長などもこの程度で十分です。
 
○合計36
 PCの冒険者並です。雑魚として使うには、いささか強いでしょう。これを世界の平均と考えるのはお勧めしません。人間タイプの敵のボスはこれだけあれば結構優秀です。
 
○合計42
 特殊型の上位型の平均値ぐらいです。類い希な天才で、国に数人程度。連作ものの最終ボスや宿命のライバルはこれぐらい?
 
○合計48
 作成できる可能性のある最強の才能型【神仙型】並の才能です。大国に1人いるかいないかでしょう。ありえないほど優秀です。連れ込みのNPCでは、どんなに強くてもこの辺り(50くらいまで)を限界にしておくべきでしょう。
 
○合計54
 高レベルシナリオの最終ボス並でしょうか。PCとして使うとゲームバランスが崩れますので、連れ込みPCとしてはお勧めしません。
 
○合計60以上
 よほどのことがない限り使うべきではないでしょう。これ以上は下手をすると狂い系の領域です。ガチンコバトルの調整用程度に。
 
 主にNPCとしての基準です。
 私はこのぐらいの基準で、リプレイを書いています。
 
 
 次に、レベルの基準を考えてみます。
 
○レベル1
 一般人はほぼこのレベルです。
 世界の人間の半数はこのレベルで一生を終えます。
 最低レベルだからといって、決して弱いとは限りません。
 才能次第でしょう。
 冒険者であれば、駆け出しです。
 
○レベル2
 そこそこに優秀です。
 一般人でこのレベルを超えることはまずありません。
 町の名士や、長老、力自慢はこの程度でしょう。
 冒険者であれば、十分一人前です。
 
○レベル3
 小国の騎士や、実力のある兵隊長などです。
 周囲からはそれなりに実力を認められているでしょう。
 冒険者であれば、プロを名乗れます。
 
○レベル4
 かなり優秀です。
 このレベルの冒険者がいる冒険者の宿は少数です。
 小国であれば騎士団の幹部や、小規模の組織をまとめられる立場になるでしょう。
 冒険者であれば、ベテランです。
 
○レベル5
 道場の師範や、魔術学連の高位魔術師レベルです。
 一つの極みであり、このレベルに達することは容易ではありません。
 冒険者であれば、一流を名乗れます。
 
○レベル6
 小国ならば将軍や、魔術師では弟子を率いる導師です。
 このレベルの人間を所有する組織は希で、大抵が組織のトップクラスです。
 盗賊ギルドの頭目や、徳の高い司教などもこのレベルでしょう。
 冒険者であれば、超一流を名乗れます。
 
○レベル7
 達人レベルです。
 国の中では有名人であることがほとんどで、剣聖や英雄扱いです。
 大国や大都市でも希でしょう。
 冒険者であれば、若手の憧れです。
 このレベルの冒険者が所属する宿は、リューンのような大都市でも僅かでしょう。
 引退しても、後はちょっとした英雄待遇です。
 
○レベル8
 国際級の英雄です。
 大陸でも各地に名が知られており、生神のように尊敬あるいは畏怖されるでしょう。
 百人斬りを達成した豪傑や、町一つを救った聖者など、その実力は伝説じみています。
 大きな国でも、一人いるかいないかです。
 冒険者であれば、英雄として扱われます。
 竜殺しや、巨人殺しのような武勲をたてているものがほとんどでしょう。
 
○レベル9
 大達人です。
 歴史的な人物であり、その実力だけで国家を変えることもしばしばあります。
 宮本武蔵などはこのレベルでしょう。
 後世にも名を残す人物でしょう。
 冒険者であれば、神のような存在です。
 
○レベル10
 二桁レベルは、神話の入り口です。
 剣を極めた武仙や、上位精霊を従える大精霊術師などがこれにあたります。
 歩く伝説であり、ちょっとした行いが後世に逸話として残るでしょう。
 神や魔王に届く、人間の領域の至高であり、人外に足を踏み入れた大英雄です。
 ヘラクレスやアキレウスといった神話の英雄が全盛期だったのは、このレベルの頃でしょう。
 冒険者では、砂漠の一粒の砂のような存在です。
 基本は、プレイヤーにのみ許された極めレベルでしょう。
 たった一人で、国の歴史を変えてしまえる実力があります。
 
○レベル11
 魔王や上位吸血鬼など、人の領域を逸脱した存在です。
 神仙や、神殺しの英雄など、その実力は多神教の神を凌ぐことも。
 もはや、冒険者として普通に仕事をするレベルではありません。
 
○レベル12以上
 伝説の不死者の王や、古代龍と呼ばれる存在のレベルです。
 このレベルに至れるのは、常人では不可能です。
 歩く神話であり、本気になれば町一つ、小規模の軍隊一つを易々と滅ぼせます。
 同じような超常の存在に、行動を注目され、牽制し合うことになるでしょう。
 
 
 冒険者であれば4~8レベルが引退の頃合いでしょう。
 ASKのヘルプのデータより、若干下に見ていますが、このバランスぐらいでプレイすると宿で作成するPCの強さで十分満足できます。
 連れ込みPCの実力査定に使ったり、スキルを作成するとき、PCの能力を推測するときにだいたいはこの基準を用いています。
 連れ込みPCは、レベルが低い方がVer1.28エンジンのEPの関係上、愛着を持ちやすいかと思われます。
 繰り返しますが、あくまでも、私がリプレイなどで使っている私的基準です。
 
 
 体力についてですが、ASKの公式ヘルプには平均17とありますが、14辺り(能力値4平均)を目安にした方が良いです。
 意外とPCは好奇心や過激等を持ち、戦士でも体力の低い者が多いのです。
 だいたい14~15ダメージが、一般人を一撃で殺す威力です。
 
 デバグ宿で作成できる5タイプのPCに、スキルカードをバランスよく持たせて、やや苦戦する程度のシナリオが適当なシナリオでしょうか。
 
 
 あえてデータを低く見積もるのは、その方がバランスを崩さないからです。
 ちなみに、ASKのヘルプは【渾身の一撃】がレベル比5(現在は4)だった頃からあまり変わっていません。
 公式スキルの【居合斬り】や【魔法の矢】は、高い能力値(10を超えるような)だと、低レベルの頃は一撃でPCを撃沈してしまいます。
 上記の基準は、バランスを重視し、より泥臭いバトルになるよう考えたものです。
 
 あくまでも、私の戯れ言です。
 本当に、鵜呑みにしないで下さいね。
スポンサーサイト

リプレイ書きの戯言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<リプレイ書きの戯れ言〈4〉 | HOME | 『Guillotine』>>

この記事のコメント

この内容・・・
何度読んでも、素晴らしいです!!
僕も、能力値の仕組みを知った頃は、36が世界の平均だと思っていて、PCの能力値で5とか4があったら、弱いなぁ・・・と思っていたのですが、4を平均として、考えると色々な点に合点がいって、すっきりします(^^)

題材にされたテーマが素晴らしい事は勿論ですが、書き方(能力値10でオリンピック選手レベル)もわかりやすく、とても素敵な内容でした。

ところで、スチール缶(缶コーヒーの入れ物)を握りつぶせる握力だと筋力7くらいなんでしょうか??
2007-10-05 Fri 20:01 | URL | らっこあら44 #mQop/nM.[ 編集]
 この4基準、12最大のバランス、かなりデータを調べて出したバランスです。
 このバランスで考えるようになってから、宿で作成したPCのバランスでパーティやNPCを作ってみることが楽しくなった気がします。
 スキルのバランスも、これを考慮に入れておくと、決めやすいですし。
 
 スチール缶の素手プレスですか?
 レベル1で筋力6ならば、易々かは微妙ですが気張れば、ある程度できるのではないでしょうか。
 筋力+好戦性が9以上ならば、レベル1でも楽ちんに出来ると思います。
 
 能力値、自分に当てはめてみるのも楽しいかもしれませんね。
 私の能力値は…
 
・才能型 標準型 大人
器用度:4 敏捷度:3 知力:5 
筋力:3 生命力:3 精神力:6
(職業が仏教僧なので、精神力がちょっぴり高い?)
 
平和性+1 臆病性+1 慎重性+1
狡猾性+1
 
 欲をかいて、このぐらいでしょうかね?
2007-10-05 Fri 21:47 | URL | Y2つ #TIXpuh1.[ 編集]
こんばんはm(__)m

HNの「らっこあら」の次に書いてある、数字は特に気にしないでくださいm(__)m
私は44の数字を4と4をあわせて「幸せ」と当て字にしていますが、4の数字が縁起が悪い事でも、有名ですし、気分によって44が4444や-44などに変わることもありますので・・・

表ブログに書いたのですが、私は今、とても右肩に違和感があるのですが、こういう体の不調はCW的に考えると「行動力減少」と考えれば、面白いですね。
軽い筋肉痛でしたら、行動力-1や-2だと思うのですが、利き腕を骨折などは負傷も含めて行動力-7や-8な感じです。

レベル1、筋力6でもスチール缶を(頑張れば)握りつぶせるという感じでしたら、能力値6は、やっぱりかなり高い数字ですよね(^^)
改めて、自分のPC達が誇らしいです♪

能力値が10を超えた数値があるキャラクターは(特に12あるPCは)本当に凄い奴だなぁ・・・と思え、ますます愛着が涌きました♪
そう考えると、冒険者は能力的にエリートが多いですよね。

2007-10-07 Sun 21:39 | URL | らっこあら #mQop/nM.[ 編集]
〉らっこあらさん
 いつも通りらっこあらさんと呼ばせていただきますね。
 
 肩大丈夫ですか?
 靱帯の故障だったりすると、骨折よりたちが悪いので、あまり長引くようならちゃんとお医者さんにかかってくださいね。
 
 能力値6はホブゴブリンの筋力です。
 けっこうあるはずです。
 
 今回新しく上げた記事でも、最高12にするようにまとめています。
 合計は多いですが、彼らはどれも最終ボス級の超人たちですので…皆神話級ですし。
 
 7前後あればそれなりのエリートだと思います。
2007-10-12 Fri 03:04 | URL | Y2つ #TIXpuh1.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |