Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

『碧海の都アレトゥーザ』 路地裏の鼠

 路地裏のすえた匂いを嗅ぐのは久しぶりだった。
 
 レベッカはだらけた歩調で歩いていくが、石畳に全く足音が響かない。
 路地の間から怪訝そうに見ていたものたちは納得したように去っていく。
 
 これだけの大きな都市で、暗い路地裏を歩けば高い確率で引ったくりやスリに会う。
 
 …普通ならば。
 
 レベッカの歩き方は符丁である。
 私は同類だから襲うな、という。
 
 路地裏は裏社会の領域である。
 そこに普通の人間が入ってくることを、社会の歪に生きる人間たちは嫌う。
 大げさな引ったくりやスリをしてひどい目にあわせ、普通の人間から領域を守るのはレベッカが駆け出しだったころに手伝わされた仕事だった。
 
 こういう都市では下層の役人たちと犯罪組織は繋がっている。
 奪ったお金や荷物は、役人が取り戻したことにして、少しだけ授業料をもらって返す。
 一度路地裏に入る危険性を知ったら、普通の人間は来ない。
 あとは適当に強姦だの殺人だのがあったのだと役人や、かたぎとして社会に潜っている組織の人間を使って大げさな噂をまけば近寄るものは少ないのだ。
 
 路地裏や地下は彼ら…盗賊たちのホームグラウンドなのである。
 
 そして、年老いた乞食が1人、ぼろきれを敷き前に物乞いの鉢をおいて座っている。
 通りからはずれた、危険なこの場所で、である。
 
「美しいお方、どうぞ哀れな私に恵みを下され…」
 
 レベッカは銀貨を三枚鉢にかがんで置いた。
 硬貨がちゃりん、と小気味よい音を立てる。
 
「ねえ、おじいさん…
 この辺りに『鼠の巣』はある?
 
 前にリューンで《私みたいな猫》とじゃれてた、《逃げた鼠》を追って来た《蛇》みたいなファビオっていう《鼠》を探しているの。
 
 確かこのあたりで《遊んでいる》と思うんだけど」
 
 あえて判りやすく使う隠語。
 都市毎に違うそれは、違う都市から来た盗賊は場合によっては素人でも通じるように砕いて言う。
 そして回りくどくても隠語を使える人間であることを伝え、同類であることを確認するのだ。
 
 『鼠の巣』とは盗賊ギルドや盗賊たちが集まる場所である。
 《私みたいな猫》とはスリをやってた自分という意味、《逃げた鼠》は逃亡した盗賊、《蛇》は暗殺者や刺客の意、《鼠》は盗賊、特に情報屋のことである。
 《遊んでいる》とは潜伏するとか生活するという意味だ。
 
「ねえ、おじいさん…
 この辺りに盗賊ギルドはある?
 
 前にリューンで私がスリだったころ組んだことがある、逃げた盗賊を始末に来たファビオっていう盗賊を探しているの。
 
 このあたりにいると思うのだけど」
 
 レベッカはそのようなことを言っているのだ。
 銀貨を三枚をかがんで置くというのは礼は尽くすし、悪さはしない、ここのやり方やルールは守るという、下出に出ている挨拶の仕方だ。
 
「おお、ありがたい。
 
 あっちで神様が見ておられますぞ…
 
 祈りなされ。
 
 鼠もきっと喜びますぞ、巣に連れて行ってくれるぐらいにのう。
 ほほ、ほ」
 
 レベッカは教会に続く道を指しそれをくいくいと回す乞食の指の動きをしっかり確認すると、ありがとね、とさらに2枚銀貨を置き乞食が指差した方角へ歩いていった。
 
(教会近くの入り口にいて、門番やってるのか。
 
 でもさすがはファビオが入ってる組織の庭ね、行き届いているわ)
 
 レベッカはここの人間たちがかなり盗賊ギルドと関わりが深いことを知って、古巣に戻ってきたような緊張と安堵を覚えていた。
 
 
 教会近くの路地の入り口で、隻眼の目つきの悪い男が立ち、壁に寄りかかっている。
 レベッカはスタスタと突然足音を立てて歩き、男に思いっきり大げさに跪いて手を組んで祈るような動作をしてみせ、男を見上げてウインクしてみせる。
 
「…レベッカ?
 レベッカなのか?」
 
 立っていた男は一瞬ぽかんとして、すぐに口元を緩ませた。
 
「お久しぶりね、ファビオ。
 でも、あたしたちが拝むのはお宝だけで充分よ。
 
 今のやつ(符丁)は悪趣味だわ」
 
 そういうと2人は旧友がするように抱き合って、互いの背と肩を軽く叩きあった。
 
「ここだけの話、うちのボスは人使いが荒くてな。
 
 こんな抹香臭いところで、豚や羊が迷い込まないように番をさせられる者の身になってほしいぜ」
 
 豚は意地汚い人間(何でも食べるので)、羊はお人好しの人間。
 ともに一般人のことである。
 
 このように符丁や合言葉をそれとなく混ぜると、盗賊が一般人に会話を理解されることはめったにない。
 本来ならもっと難しい暗号や隠語を用いて話すのであるが。
 
 ファビオとレベッカに呼ばれた男は近くに立っていた男に目配せすると、レベッカについて来いよ、と合図した。
 
 路地を抜けた先、薄暗い路地の奥にあるつぶれそうな酒場の地下。
 
 アレトゥーザの盗賊ギルドはそんなところにあった。
 
 敵対組織や繋がった官憲の裏切りで、場所はいつ移動するかわからないのだが。
 
「懐かしいな、レベッカ。
 
 昨日来た冒険者の中に、雌の穴熊(冒険者の中の盗賊という意味の隠語)が混じってるって話だったが、おまえだったのか」
 
 ファビオは席に着くと下っ端にエールとつまみを持ってこさせる。
 
「感心しないわね…
 
 生真面目なあんたが、昔なじみが来たからって、昼間からエール?」
 
 レベッカは似合わないわよ、と吹き出した。
 
「まさか、こいつは昔なじみのおまえへの俺のおごりさ。
 俺はやらないけどな。
 
 昔のことだが、リューンじゃ世話になったからよ。
 ま、代わりといっちゃなんだが、ここでなにか情報がいるときは俺に声をかけてくれ」
 
 こうやってコネをつくり、貸し借りをつくり、関係をを広げる行動は盗賊にとって当然の行いだった。
 一歩進めば裏切りと報復の世界だからこそ、盗賊ギルドやその盗賊は義理や掟を大切にし、横のネットワークの作成に余念が無い。
 そして仲間をとても重んじるのだ。
 
「まぁ、いいでしょ。
 今日は挨拶を兼ねて、寄らせてもらったわ。
 
 私も仕入れたネタで面白そうなのや新鮮なのは話してあげる。
 うちの家計、今とっても貧しいから、その情報でとりあえず《税》は勘弁してちょうだい」
 
 本来よそ者が盗賊ギルドに近づくにはそれなりの贈り物が必要になる。
 多くの場合金銭だが、優秀な盗賊はレベッカのように情報を売ってそれをかわりにする場合もあるのだ。
 
 盗賊にとって情報は金を生む。
 また彼らが生き残るために大切である。
 盗賊ギルドの膨大な情報網は、これらの小さな情報収集から始まるのだ。
 
 ファビオは、レベッカが二つ三つ伝えた情報に満足した顔をし、後ろにいた男になにやら話していた。
 おそらくはこのギルドへの贈り物としてレベッカがもたらした情報を皆に伝え、彼女がこのギルドのなじみになったと広めるためだろう。 

「悪いわね。
 
 この巣穴に落ち着くわけにはいかないけど、ここ都市はなかなか好い場所にあるからまた来ることになるでしょう。
 
 こっちで仕事するときは『悠久の風亭』て宿を使うつもり。
 
 うちの連中は知られてるみたいだから、フォローはしてやってね。
 私もここは贔屓にするし、あんたの顔を立てるつもりだから」
 
 レベッカの応えにファビオは首肯してそれでいいと言った。
 
 レベッカとファビオは昔リューンで協力して仕事をしたことがある。
 当時、《猫》と呼ばれるスリのリーダーをしてリューンの一地区をギルドから任されていたレベッカは、若いながら優秀な盗賊として期待されていた。
 そして、ファビオはアレトゥーザの当時幹部であった今のマスターの筋金入りとして、裏切り者の始末を任されリューンにやってきたのだ。
 レベッカはファビオにリューンを案内する役目を与えられ、そのときに協力した縁があった。
 
 ファビオの様子をみれば、このギルドではかなりの地位のようだ。
 あの時、ファビオの実力を見込んで周りがよそ者と敬遠する彼に率先して手を貸してやったが、間違いではなかったと今になって思う。
 
「噂で聞いている。
 あの後のギルドの勢力が変わって《猫》の分野は縮小されたとか。
 おまえが冒険者になったと聞いたとき、あそこの幹部連中は阿呆かと思ったぜ。
 
 おまえだったら、この都市に来ればすぐに幹部にでもなれただろうに、やはり噂を聞いた後すぐにスカウトに行けばよかったな…」
 
 もったいないことをした、とファビオは肩をすくめてみせる。
 
「随分持ち上げてくれるじゃない…
 
 でも今は金欠冒険者の1人なのよねぇ。
 ちょっとばかり腕もなまっちゃったし、まあしばらくは《穴熊》やって勘を取り戻すようにしてみるわ。
 
 それに今の家業、それなりに気に入っているのよ」
 
 かつてレベッカは、後々は大幹部だろうと噂されるほど才能があった。
 やっていた仕事は三下の姐貴分程度だったが、怠惰なものの面倒見はいいし、頭が切れて世渡りも上手い彼女は、下から慕われ上から信頼されていた。
 
 だが、ギルドの勢力交代で立場を失う盗賊は結構いる。
 縄張り意識が強く、常に組織のトップを狙って盗賊たちは暗躍する。
 
 あの頃の胃の痛くなるような緊張感は今は無いし、特別地位や出世には興味が無いレベッカにとって、生活できて楽しければどうでもよかった。
 
 いまはそれなりに充実したときを過ごしている。
 
 昔、実入りは悪いが止められないといっていた冒険者の盗賊を、ギルドにいた頃は不思議に思っていたが、今なら判る気がするレベッカであった。
 
「そうか。
 
 まあ、残念ではあるが強制はできないからな。
 うちは締め付けないのも伝統なのさ。
 
 今日はゆっくりしていけるんだろう?
 ま、あの退屈な見張りをサボる口実に付き合ってくれよ」
 
 ファビオはそういって新しいエールを注ぐ。
 ただ酒も飲めるし、少し話しながら情報収集も悪くない。
 それにサボるというのはレベッカも好きである。
 
「いいわ。
 でも昼日中に薄暗い地下で飲むのはごめんだわ。
 
 高くなくてもいいから、落ち着いたところにいきましょう。
 これから昼だし、お酒より食べ物が美味しいところがいいわ」
 
 レベッカはウインクしてエールを飲み干した。
 

 
 
 女盗賊レベッカの物語です。
 
 ファビオと聞いてピンとくればあなたも立派な碧海通です。
 
 アレトゥーザの盗賊スキルは狡猾な盗賊にはありがたい効果が多いかと思います。
 あれらは破壊力より卑劣で臆病な印象を与えるように作られています。
 盗賊は戦士ではありません。
 彼らの本分は都市活動や罠の解除にこそあるのです。
 
 レベッカは典型的な盗賊で、また能力値性格ともに天性の盗賊です。
 
 彼女の狡猾な頭脳プレーや、フェイクがこれからシグルトたちを支えるでしょう。
 
 盗賊を好きな方、結構いますよね?
スポンサーサイト

CW:リプレイ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『碧海の都アレトゥーザ』 潮風を背に | HOME | 『碧海の都アレトゥーザ』 碧海の瞳>>

この記事のコメント

こんばんはm(__)m
ファビオさん・・・ファビオさん・・・思い出しました!あの凄くカッコイイ盗賊のお兄さんですね!!
最初は怖い態度でしたが、徐々に仲良くなっていったのが印象的です。

レベッカさんもかっこいいですね~シグルトさんとは、また別のかっこよさがあります。

すいません、実は以前は盗賊って、微妙・・・って思っていました。(私がプレイしたTRPG(といっても3回だけですけど)で盗賊系キャラクターはあんまり活躍しませんでしたので。
ですが、CWをプレイして盗賊の印象がガラッと変わりました。
盗賊がいないと爺様の魔剣を手に入れることもなかったですし、盗賊が魅力的に描かれているシナリオは多数ありますし。
ただ、私のパーティは外見が盗賊っぽい奴が一人もいないのが、痛いです。
長々と、申し訳ありません。
それでは、失礼します。
2006-06-14 Wed 19:23 | URL | らっこあら #mQop/nM.[ 編集]
 今晩は。
 
 アレトゥーザは盗賊ギルドがかっこいいので、レベッカを使った、らしいネタをと当初から考えていました。
 
 私も盗賊のいないパーティがあります。
 鍵開けはレンジャー君や占い師、ストリートキッズ出身の魔女とかが担当していました。
 
 盗賊は上手な使い方を覚えると、戦士や魔法使いより楽しい職業です。
 【フェイント】を決めやすいので、雑魚をからかうことからはじめると慣れてきます。
 実は盗賊になるぐらいの能力値だと体力が低いのでよく狙われます。
 そこで【見切り】を使うのがコツです。
 盗賊に戦闘力そのものをあまり求めると、彼らのよさがなくなります。
 『弱いけど工夫して勝つ』のが盗賊です。
 
 戦士系で使いたいなら忍者とか使ってみたらいかがでしょう?
 求められる能力値がきついですけどね~
2006-06-15 Thu 02:05 | URL | Y2つ #TIXpuh1.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |