Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

CW:Y2つ風リプレイ講座 第一回

 リプレイ目的で始めた当ブログも3周年。

 最初は友人に合わせるように何となく書き始めたのですが、今では読んで下さる方も増え、「影響を受けてリプレイを始める」と言って下さる方までいらっしゃいます。
 一応、リプレイ部門ではそれなりに知られたブログになったみたいで、いつの間にかcw-portに載ってたりしてます。(リプレイの大先輩銀狐(Ras)さんとか有名どころの上にうちのブログが…50音でもアルファベットでも最後の方だと思うのですが…恐縮)
 
 まぁ、それなりのリプレイ書きになれ慣れて来た、と言うことなのかもしれません。
 なので、役に立つかは分かりませんが、この新しいカテゴリーで私なりにリプレイの書き方やコツをお教えします。
 
 リプレイの書き方で質問等ありましたらお答えしますので、この記事に遠慮なくコメントして下さいね。


◇リプレイ記事を書くのに必要なもの(アドレス情報の「■」は「h」に直して下さいね)
 
 まず最初に用意するのは、何といってもカードワース本体とシナリオです。
 それらは、ベクターやオフィシャルファンサイト(■ttp://www.ask.sakura.ne.jp/)でダウンロードできます。
 カードワースを詳しく知りたい方は、cw-port(■ttp://www27.atwiki.jp/cw-port/pages/1.html)で情報検索してみるのもよろしいでしょう。
 題材がなければリプレイは書けませんので悪しからず。

 そして次に必要なのが発表する場所です。
 私の場合はFC2のブログを使っています。
 
 他にもよいブログはたくさんありますが、Yahoo! JAPANだけはお勧めしません。(始めた当時、最初はYahoo! だったのですが、コメント字数制限があるわ、記事の字数制限があるわ…すぐに解約しました)
 Yahoo! JAPANはこの間の二月初頭にブリーフケースの有料化に踏み切り、多くの方がウェブ上のデータを失ったようです。私の直感的に、このままいけばあまり先行きが思わしくないと思います。
 
 出来れば文字制限が無く、容量もしっかり確保出来、使い方が分かりやすく簡単な、機能の多いブログを扱うプロバイダを探しましょう。
 
 ブログの機能はそれぞれのブログに依りますが、編集画面から文章を書き込めることと、カテゴリー分けさえ覚えれば、後は容易です。

 ブログとは、日記形式の簡易サイトのようなもの。
 
 型が出来ているので、サイトに小説を書きこむより楽ちん。
 リプレイも、記録と言う日記に近い形なので相性が好いのです。

 FC2には小説部門もあるのですが、あっちはページやら字数制限やら面倒なので、私はブログで書き続けています。
 
 無料ブログは宣伝情報が入ったりしますが、そこは広い心で我慢するか、有料にしてカットするとよいでしょう。
 宣伝が少ない形式のブログが、煩わしくなくて良いですよ。
 
 ブログ等の発表の場を用意したら、いよいよカードワースを立ち上げます。


◇まずは主人公作り
 最初にしなければならないことは、主人公であるPCたちを作ることです。
 伏線の多いPCの場合は、計画的に設定して作らないと、後で破綻します。
 初めてこういうことを始める方は、かえって設定にこだわらない方が楽な場合もあります。
 ただ、細かく設定したキャラクターは生き生きとして来るので、無理の無い範囲で設定しておくとよいでしょう。

 設定を公開してしまうと後に引けなくなるので、作者内部での設定程度にしてスタートすると楽かもしれません。
 
 上手くPCが出来ない人は、カードワースそのものをざっとプレイして、遊び方や世界観に慣れておくのも良いでしょう。
 慣れると、個性的なPCを能力調整しつつ作れるようになります。
 
 いきなり分からないシステムに右往左往しながら、格好いいPCを描こうとしても難しいです。
 システムに慣れるため、カードワースを始めたばかりの方は3~5レベルまでPCを育てて、システムに慣れて下さい。
 同時に、その過程でリプレイに使えそうなシナリオを吟味してみるのもいいかもしれません。

 PCの作成が出来たら、そのPC得意な技術に応じて性格や性質を与えるのですが、隠蔽要素が多いカードワースでは、作りたてのPCの実力を推し量るのも一苦労。

 私の場合、「バイナリエディタ」で能力値を見て、どんな適性があるか確認します。

 これはリプレイの方針にもよるので、やらなくても一向に構わないのですが、PCの能力傾向ぐらいは知っておくと好いかもしれません。
 私の描くリプレイの描写は、徹底的にそのPCのデータを知り、その上で肉付けして存在感を強める手法をとっています。
 分かる限りの数値的データからそのPCをイメージすることも、後にPCの行動を描写する時に、大いに役立ちます。

 もちろん、隠蔽要素が多いカードワースのこと。
 「見るのは反則」という主義の方もいるでしょう。
 その場合は、行き当たりばったりプレイもいいと思います。
 
 ただ、キャラクターの設定は薄いものにならざるを得ないので(詳細に何が得意かは分からなくなるので)、それが如実に反映したリプレイになることは覚悟して下さい。

 PCの能力データをバイナリエディタで覗く方法は、当ブログのカテゴリ「CWD(カードワースダッシュ)」の『カードワースダッシュ 続報?』という記事を参考にして見て下さい。少し知識が必要ですので、自分で検索して調べる下準備も必要です。

 
 PCを作成したら、4000SPの所持金をパーティに分配して、初期装備を買います。
 その過程で、PCの紹介記事を検討するとよいでしょう。

 初期スキルやカードワースのシステムで悩んだ場合は、当ブログの「CW:Y2つ流札講座」カテゴリの記事を参考にして頂くと良いかもしれません。一応つたない戦術講座の様なものもあります。

 無理に詳細なキャラクター設定を、いきなり紹介記事で描く必要は、まったくありません。
 ただ登場して「こんな奴が参入」でもいいのです。

 設定は必要ですが、全てを書こうとすれば、後に書くことが無くなってしまいます。
 時に、出し惜しみもよいものです。

 まずは始めること。
 それが第一歩です。
 
 
 リプレイを続ける時、最も大切になるのは「書き続けるモチベーション」や「ノリ」です。
 それが無いと書きかけで飽きてしまい、ブログ閉鎖にもなりかねません。

 私がモチベーションを維持するために最も使う方法は、お気に入りの曲や、そのPCをイメージするテーマソングを聞くことです。

 クールな人物を描く時にはVaLSeさんの「looked-up」とかRiiさんの「geasa」とか素材としてDLしたMIDI聞くのも手ですね。
 切なさや激しさに応じて、そのキャラクターを音楽のイメージでがりがり描くわけです。
 集中力とは正直で、「物語」は無から生み出すより「連想」から生み出す方がしっかりしたイメージが起きるはずです。
 
 どうせPCを描くのでしたら、毛穴の一つ、靴の染みまでイメージして書いてみましょう。
 ひたすらくどく説明しようとするだけで、いつの間にかそのPCの説明に必要な素材はそろっています。
 あとは、適度にくど過ぎるところを削ってまとめれば、紹介記事は書けてしまうのです。

 PC紹介の記事を書く時、他のゲームの攻略本や説明書にあるプロフィールは、書き方の好い手本となります。
 あるいはマンガ雑誌の登場人物紹介なんかですね。
 
 より濃い紹介記事を書くのでしたら、設定テキストを作って、年齢や年代、性格などをまとめておくといいでしょう。
 出身地なんかも好い伏線になります。


 まず最初なのでこの辺りで一旦終えますが、最後にすごく大切なことを書いておきます。

 日記が自己の記録で他人にあまり見せないものであるように、リプレイで最高の読者は、「自分」です。
 読み手が誰か分からず、またコメントを貰えないからと言って諦めないで下さい。
 (実際私のブログの活動が軌道に乗るのは、数か月かかりました)
 書いたという行為、始めたという事実に誇りを持って、自分に讃辞を送ってあげて下さい。
 自身の励ましこそが、自分をすぐに奮い立たせてくれる特効薬です。

 「自己満足」こそ、リプレイの醍醐味であり、必要な図太さです。
 それさえあれば、私の様なずぼら人間ですら3年も続けられるわけですから。

 そして、書いた文章の「つたなさ」まで愛して下さい。
 好きであることは、「最高のモチベーション」です。

 他の方の評価は二の次にして、ノビノビと楽しんで始めましょうね。

 
 では、また次回を生温い期待で待ってて下さい!
スポンサーサイト

CW:Y2つ風リプレイ講座 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<CW:Y2つ風リプレイ講座 第二回 | HOME | 『古城の老兵』 【影走り】開眼>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

パソコン教室に通う、わずか【10分の1の時間とお金】で、 パソコンスキルを各段にUPさせることができる夢のような講座があります。 この講座は、販売開始から6か月で3000本も売れている、 今大ブレイク中の話題の講座なのですが、 売れている理由は、ただ1つ、 …
2009-06-21 Sun 16:22 ありあんす
| HOME |