Y字の交差路

 ここはY2つめがノリで作ったブログです。  カードワースを中心に、私が思ったことや考えたことを徒然なるままに書きたいと思います。

ここ一週間ばかり、しょうもないことをやってた私

 管理人のY2つです。
 ここ数日、リプレイをあげずに何をやってたかと申しますと…

 新エンジンをテストプレイしながら、龍鳴く剣の実地運用やら(その痕跡がちょっぴりバージョンのバグ修正で出てたり)新エンジンでリプレイを取るにあたり、不具合が起きないかテストプレイしてたり(この過程で外せないDjinnさんのシナリオをどうするか考えて、そのまま代理公開出来ないかの話に行ってしまったというか)、リプレイを再録したいなと思うにあたり初期装備の貧弱さとリューンスキルの256色化でMartさんの残されたリューンパックを使うにあたり微妙な問題(九条のんさんのリソースでプレイする場合に、背景透過による差異との違和感を修正するには一部スキルをグ制し直す必要があるのではないか?)に行きあたって「陰影のエフェクト入れる場合はカード背景や光のエフェクト素材無いとダメじゃん!」ということに気づきあちこちの素材を探してネットを放浪していたりとか、そんじゃいっそスターターになる職業設定シナリオ作って実現性のあるラインにするなら…でもやっぱ初心者スキルほしいなぁ、弱いスキルの基礎データをバランス調整してテキストにプロットあげよう…などとドツボにはまっていました。

 あげく、「能力強化や亡者退散のスキルって、手札で持ち腐れるなぁ」ということにいら立ち、それならスキルを強化するなら聖職者を聖人にバージョンアップするシナリオとか、風屋の魔導貯蓄スキルもう一個作ったれとか…なら聖人様のシナリオは導入いるよね?討伐もの表題にして盗賊団作ってペルージュ近郊を舞台にしませう→団員の個別認識ができる盗賊データを作って…はい、脇にそれまくっていました。

 私の活動って、この脇道にそれるので行き詰ってお釈迦になるパターンも多いので、出来るだけ簡易化を目指してはいるのですが、相棒になる歯止め役がいないと暴走する一方なんですよね。DjinnさんやMartさんと一緒に活動していた頃は誰かが歯止めをしてくれたりフォローしてくれたので作業がはかどったのですが、悪い癖が出てしまった状態です。申し訳なく。

 最近メールでお話することのできたあるシナリオ作家さんも言ってますが、まず完成させることが大事ですので、暇見て少しずつデータを作りながら貯蓄しているところです。

 どなたか合作で店部分の基部や称号配布のシステムをVer1.50基準で(公式+2種私家版+Py基準バリアントエンジンのすべてで動くシナリオにしたい場合、技術的問題から選択肢がこれしかないもので)組んだり調整して下さる方いませんかね?
 一緒に戦士とか精霊術師とかの職業称号と初心スキルに色替えリューンスキル、初設定でポイント貰ってスキルや道具を所持品として購入できる導入的な、冒険者協会作っちゃおうぜという野望に協力して下さる方。
 Y2つの得意分野は合成絵のギミックスキルを考えたり、既存のシステムを使って表現方法をでっちあげる(カウンターのスキルだって作りましたよ~)ことなんかなのですが、称号配布でツリーをいじったりとかうっかりさんでよくバグを作ってしまうので大の苦手なのです。何より、得意分野で力を出し合ってシナリオを作った方がはるかに早く良いものができますし。

 こう言うと思い上がりかもしれませんが、MartさんのアレトゥーザやDjinnさんのフォーチュン=ベルでは、テストプレイにかこつけて、大量のスキルやアイテムやサブシナリオの原案を嬉々として提案していたY2つです。最近アレトゥーザの著作表記テキストをあらためて読み直して、あの頃の厚顔さに転げまわりたくなる昨今。お二人ともすみませんでした。(心の中で土下座)

 とまれ、合作という形式には「制作グループ内の人材面でリスクも負う場合があるが、上手く行けば様々なメリットがある」のですよね。不得手のフォローや相談による停滞の突破ができるので、何より一緒に作るのが楽しいので、また合作やりたいなぁ。

 最近記事の更新ができてなかったもので…ぼやいてすいませんでした。
スポンサーサイト

CW:閑話休題 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ただいまリューンスキル画像再合成中 | HOME | 水底のオアシス(Djinnさん)で公開されていたシナリオ6本>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |