FC2ブログ

タイトル画像

『棒杖のお店』 テストプレイのお願い(終了)

2018.07.16(07:11) 420

 テスト公開を終了致します。
 ちょっとだけ商品を足して(なんつ~マイナーなネタの商品なんだ!)正式版公開です。


↓※過去の記事※↓

 リソースに使えるシナリオ第2弾!ということで、ソードワールドのコモンルーン感覚で使えるワンドのお店を作ってみました。
 耐環境時限消滅称号という、時限消滅称号の使い方を兼ねた実験的なシステムも盛り込んで、リリースとなります。

 しばらくテスト公開しようと思いますが、皆さんの御意見をお待ちしています。

 テストしてほしい点
・バグ・誤字の発見
・バランスや効果に関する御意見
・使った感じのコストの高い低い、300SP購入と60SPリサイクルに対する御意見
・使用回数6回でOKか?
・耐環境時限消滅称号に関しての御意見・御要望
・遊んでみて違和感がある点
・依頼イベントについて(多めの報酬である理由は#解説テキストに記載)
・テキストの誤字脱字
・リソース使用に関する御意見、問題点など


 ダウンロード場所は Y字の交差路別院

 よろしくお願い致します。

◇更新履歴
2017/12/19 Ver0.10 テスト版リリース。
2017/12/21 Ver0.11 【命知の棒杖』が消えないバグ・誤字などを修正。
           テキスト誤字修正。
2017/12/28 Ver0.12 来店初顔のループバグ修正。
           さつきさん、バグ報告有難う御座います!
2018/01/03 Ver0.13 #インポート利用書式例 のテキストを追加。
2018/01/08 Ver0.14 棒杖の敵に影響するものを必中(バグ)から抵抗に変更。
           【烈風の棒杖】の高威力バグを変更、ダメージだいたい半減。  
           展示速度に弊害があったので、商品をカスタムで並べました。
           一部テキスト修正、誤字の修正など。
           さすらい人さん、詳細なバグや不具合の報告有難う御座いました! 

↑※過去の記事※↑

2018/07/16 Ver1.00 新商品【秘匿の棒杖】【発覚の棒杖】追加。
           テキストの誤字修正、内容の加筆。
スポンサーサイト


Y字の交差路


<<PC1:オルフ | ホームへ | 『闘技都市ヴァンドール』 “傷難の枝”>>
コメント
 ご無沙汰しております。

 そうそう、魔術用のワンドって、相手に向ける方が細いものも多いんですよー。
 よく見る杖の絵は逆の(王笏のように上部が装飾で太い)ものが多いので、きっとこのスキル絵を描いた方は、その手の造詣が深い方なのでしょうか。
 愛嬌のある店主といい、その口調と言い、雰囲気に終始ニヤニヤさせて頂きました。

 ぱっと見た感じまでの話で恐縮ですが。
 お金に余裕のある中盤以降に、装備拡充目的で利用しても良いけれど、金欠な序盤に立ち寄ると色々と楽しそう。
 効果も回復、単体バフ&デバフ、各種属性攻撃等々。
 工夫次第で、今までできなかった感じの初期装備構築ができそうで、夢が広がります。

 さっそく遊ばせて頂きますね!
 さて何から買おうかな…(ニコニコ)
【2017/12/20 22:33】 | モコイ #HE1By42c | [edit]
>モコイさん
 このシナリオ、スキル1レベル分の資金をもって某シナリオとはしごをすればかなり稼げます。それを資金に板金鎧ぐらいまでは買えますよ。スタートボーナスはぜひ活用して下さいね。低レベルじゃないと楽しめないスキルやアイテムって結構あるものです。
 棒杖は適当な攻撃のを1本、回復を1本、解毒のを1本持ってるとかなり安心です。
 資金が無い場合は手に入れた傷薬を2本売っぱらって1本買えます。
 傷薬もういらねぇ!って時は棒杖に換えてしまうのもまた一つの選択肢かも。
【2017/12/21 01:31】 | Y2つ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/12/27 06:51】 | # | [edit]
 はじめまして。
 ループバグの報告、有難う御座います!
 修正版は、ループそのものを止めて手間のかかる各個確認にしたのでたぶん大丈夫かと。理論上はないキャラクターだけ確認し称号を付けてくれるはずだったんですが…ランダム性があるキャラクター選択では今後気を付けます。

 私はまだNextの方はバックパックを使ったシナリオをやったことがありません。
 今後はできるだけVer1.50で「エンジンどこでも遊べる仕様」をできるだけ維持していく予定ではあるのですが、バックパックの機能は興味深いです。
 棒杖のお店は、スキル交換の煩雑さをいくらか軽減しつつ、低コストでもお金は使わせる(そのかわり消費するからチート無限アイテム的な罪悪感が少なく、上限使用6回をいかに節約して考えて使うかという戦略敵焦燥感を体感できる)形にしてあります。
 無限回復アイテムはずるいと思っていた人でも、このシナリオの仕様なら気持ち的にスリルを味わいつつ使えるかな、と。
 魔力チャージを忘れて「しまったぁ~!」や回数が微妙に足りなくて「あと1回~1回だけ~!」をやる可能性も含め、楽しんでいただけたら幸いです。
【2017/12/28 13:27】 | Y2つ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/420-8b625531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)