FC2ブログ

タイトル画像

防御力の楽しみ方

2017.12.20(20:31) 421

 管理人のY2つです。
 最近リプレイ休んで何やってるんだって方に御報告を。

 はい、シナリオ作ってました。しかも3本。
 そのうち『防具屋』と『棒杖のお店』はテスト公開してます。
 テスト協力、よろしくお願いします~♪

 残り1本は『防具屋』のリソース利用例として参考にできる、インポートデータを使ったシナリオです。ほかのシナリオからもインポートを行い、Y2つめがどんな形で対応するのか、素材の使い方も含めて付属テキストにて説明したいと思っています。

 ラムーナ(+あの…)のエピソードはもう少しお待ち下さい。


 あと御報告。
 『風たちがもたらすもの』の上級防具【魔鏡の大盾】と【銀獅子の鎧】が『防具屋』の基準で改造しました。ただ、作成エンジンは1.28のままなので、旧エンジン仕様の方もまだ遊べます。


 皆さんはカードワースの防御バフに関してどんな風にお考えでしょうか?
 高レベルの戦闘シナリオは防御バフに召喚獣の防御当たり前なダメージが乱舞するため、使わないと苦戦します。ですが、魔法の鎧、実用レベルになるのは少なくともレベル3ぐらい。シルフィードに至ってはレベル7スキルなので、手札として使うラインだとレベル5ぐらいほしいのですね。
 結果として低レベルのシナリオは「戦闘から逃げる」内容のものも多いです。

 あえて、ここで私は言いたい。低レベルの防御力バフで低レベルの戦闘を楽しむべきである、と。

 私はアレトゥーザの【聖別の法】が好きです。
 え、このスキル弱いじゃんって?
 確かにスキルチェックツールで測ると弱い部類に入ります。-3レベル相当って0レベルスキルよりさらに弱いってことですし。効果なんて個別付与だから完全に【魔法の鎧】の劣化版。しかも私が作成中の棒杖店シナでその価値をさらに貶めてしまいそうなものを商品に入れているため、影に押しやられそうな感じです。

 でも、このスキルは「低レベルの時にこそ強い」スキルなのです。
 まず小回り。レベル1なのでレベル1~2の冒険者は5~7回使えます。対象を鎧を持ってない魔法使いや回復役に絞って使うと結果的にバフやデバフ、回復の維持が楽になり(それらの役どころが残り体力を気にせずに魔法を使えるとしたら?楽ですよね)、回復スキルのかわりに来た時は予約回復扱い(これからダメージを受けないということは、ダメージを受ける前にあらかじめ回復を仕込んでいたのと似たような意味になる)で仲間にかけられ、戦闘前の準備で用意したバフを消し去るイベントのある戦闘では遠慮なく手札に来たと同時に使っていけます。
 それに、KOされたPCのバフは解除されてしまうため、回復しても全体攻撃でまたダウンを繰り返されて辟易した方もいらっしゃるのでは?回復と防御バフを連携で重ね掛けすることでそれを食い止めることができます。さらに【魔法の鎧】の全体の重ね掛けはスキルレベルが高く場合により使用を躊躇する+魔術師は攻撃に比重を置いた方が「攻撃は最大の防御」になりうる。

 他の同様のスキルや手段があったとしても、この小回りこそが使いやすいのですね。
 多くの戦闘が【魔法の鎧】1回で済んでしまうのは、ただそれらの戦闘に防御低下系やバフリセットの攻撃が少ないからなのです。

 私は【聖別の法】のスキルとしての寿命は使い手がレベル4のあたりで終わると思ってます。それまでが楽しめる旬であり、中堅以降の【魔法の鎧】と比べてしまうと「スキルのための資金節約」をする人は多分楽しめずに終わってしまうスキルだろうな、と感じます。

 標準バランスより弱めのスキルは、使い方によっては強いより良いものもあります。マイナーキーコードをただスキルにしたものは使い勝手が悪かったりもするのですが、効果の弱いスキルは必ず悪ではありません。むしろ、そういった劣化スキルをモンスターに持たせたり、極低レベルで出して「買えない時はこれでしのぐ」ことをさせれば、不思議と愛着も出てくるのです。

 多少強いならレアなラインで済むのですが、バランスを無視してただ強いだけのスキルは多くの場合悪影響になります。

 【聖別の法】は「低レベルで出す報酬としてお勧め」なバランスであり、PCが使わなくてもNPCに習得させておくと光るスキルでもあります。残念ながら、アレトゥーザの【聖別の法】は閉鎖されたサイトの絵師様の素材が合成として使われているので、インポートする場合は一端画像を除いて別の画像に交換したりとかの工夫が必要でしょうが。
 このスキル、まったくダメージを受けないNPCの仲間が使うと、PCのかわりにNPCが超絶スキルで敵を一掃してくれるよりよほど面白くなりますし、雑魚であっても敵が使ったら恐ろしいスキルです。

 カードワースはタイトなダメージバランスで、標準とされるASKさんのスキルにも一撃必殺になりやすいスキルが多く、防御系バフがないと一撃KOになるスキルも少なくありません。レベル比8のダメージを超えるスキルの多くがそれであり、ダメージ基準はスキルチェッカーには寄らずに、実際にダメージがどの程度あるか古山さんのCWダメージ計算機を使って実測したほうがよいでしょう。

 カードワースの防御力ですが、これは「あらゆるダメージに対応される」ものです。

 抵抗系のスキルは外れない代わりに半減後にさらに防御力でダメージが減らされます。【炎の玉】のダメージは直撃するとレベル3ぐらいまでの一般的な人間はまず即死します。
 冒険者PCの基準である能力値6(私は一般人は能力値4平均説を推す人間ですが、仮にここはPCの標準としてみましょう)で生命力6・精神力6と考え、レベル3の体力はキャストの基準値計測で31。【炎の玉】は抵抗系(回避できない!)30ダメージ。秀麗とか精神力が低い傾向の盗賊キャラクターなら…わかりますよね?
 魔法防御とか入れてないとレベル7のスキルを使う敵は最低レベル5ぐらいの知力7で好戦性+2ぐらいの魔術師が使ったとすれば、格下が耐えられる基準ではありません。

 私が『防具屋』というリソースシナリオを思いついたのは、まずこのピーキーなダメージ状況の緩和を、既存のシステムに不自然ではない範囲で行えるものを導入したかったからでもあります。
 防具の所持防御力+1は単独で10%のダメージ削減です。これはダメージが大きいほど、敵が多いほど顕著に影響します。
 仮に避けるのが無理でも、一回行動を犠牲にしてでも【防御】できれば抵抗系のダメージは(苦手な属性の攻撃や最大値処理でない限り)最低半減、上手く行けば25%までダメージを抑えられるのです。回避必中系のダメージでも半減できるでしょう。
 『防具屋』はこういった特性の防御事情を踏まえて、基本は有限コストで防御力や抵抗力をコントロールするリソースツールになりえます。

 常々私はカードワースの生命力事情が悪くなりやすいことを感じていました。若者以外の冒険者の生命力の平均は実質おそらくは6ではなく5~4です。
 対して対策と言えるものはスキルによるバフ以外は、意識してバランス補正をしてみようという動きがいまいちだったような。
 防具の活用はその状況に対する、私なりのメッセージでもあります。

 防具はコストがかかるので、最初は使うのに抵抗があるかもしれません。
 傷薬が高価すぎた故に温存に意識が行き、アイテムは使わずに貯めてしまう習性がつきやすい気がするのです。

 まずは購入した防具を「修繕するぐらいまで」1回使い倒していただきたいと思います。
 そうすれば、よほどの長編戦闘もののシナリオでない限り、高価な防具は1回の冒険で消耗しきってしまうことはないことに気付くはず。

 その昔「リューンスキルだけでやってればお金の使い道がほとんどない」みたいなことをおっしゃっていた方がいらっしゃいました。
 私は低コストなお金の使い方として防具を推奨します。
 現実では使えない鬱憤も、防具にお金をかけて「俺の愛しい防具ちゃん!」みたいな状況に、冒険仲間が顔を引きつらせるような方が増えてほしいなと思います。
スポンサーサイト


Y字の交差路


<<『碧海の都アレトゥーザ』 故郷は波間の先に | ホームへ | 『防具屋』 テストプレイのお願い(済)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/421-04005e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)