FC2ブログ

タイトル画像

『龍鳴く剣Ver1.10』正式登録版

2017.12.24(16:22) 423

 中華剣術っぽいスキルを習得できるシナリオです。
 長い間テスト公開のままでしたが、この度ギルド登録の運びと相成りました。

 一見あっさりに見えて、やり込み度(資金投資度)満載です。

 各スキルはカウンターやチャージのシステムを使える分、心持ち威力を抑えてあります。力任せに使うとほどほど、工夫次第で凄まじいコンボを発生させる、慣れると癖になるバランスです。
 スキルのバランスチェックソフトで徹底的にバランス調整を心がけて作成されていますので、割と安心して使用していただけると思います。

 流派内完結するようにデザインしてありますので、このシナリオのスキルだけで構成すると、すべてのスキルを一度は習得し、高レベルの装備に換えていく流れも可能です。

 敵の攻撃を実際に受けて、それを認識して反撃の条件が成立するピーキーな各スキルの連携システム。(レベル3以上)

 気を練って力を溜めて行き、溜め切った力を解放して超絶の一撃を放つもよし、さらに溜めてスキルをばんばん手札に引き寄せるもよし。

 高レベルで極めれば付帯能力や、無敵な敵に一矢報いることが可能な奥義も習得できます。(シナリオ内で一応注意はされていますが、最終奥義や付帯能力には枚数制限とレベル制限、複数同時使用や連続使用への制限などがあり、極端にバランス崩壊するようなものはないと思います)

 さらには片手武器。両手武器といった制限をスキルや武器で表現するための、製作者様サイドでニヤリとしそうなちょっとした仕掛(ギミック)などもあり、遊び心満載です。

 ソロシナリオを癒身の法などの別枠回復スキルを装備しなくても、最悪回復アイテムを補助的に使う程度で絶妙のバランスになる、自己回復能力のある防御スキルもあるので、流派内完結のスキル構成であれば十分戦闘ありのソロシナリオを遊べるようになります。 不自然な回復スキルは持たなくて済みますよ。

 気功系のさまざまな特殊能力をアイテムとして使用可能。ただし、これを自在に使いこなすには相当な資金が必要になります。頑張って功夫を養い、気を弾丸として飛ばしたり、能力値を単独で短時間アップしたり、スキル配布してみたり。でもスキルを高速回転させたいなら、溜めまくってカウンターだけ狙うとかがお勧めです。

 各スキルの使い方や解説、システムに関して、詳しくは付属テキストに詳細にまとめてあります。
 Y2つのシナリオ保存庫であるY字の交差路別院にて配布しているプライベート・テストシナリオなどとともに、楽しんで御利用いただければ幸いです。

DL先  Y字の交差路別院
スポンサーサイト


Y字の交差路


<<あけましておめでとう御座います! | ホームへ | 『碧海の都アレトゥーザ』 故郷は波間の先に>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/423-59ad1928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)