FC2ブログ

タイトル画像

実はすごいキーコード判定分岐

2019.10.01(14:17) 497

 最近本業が忙しかった上、体調不良も相まってリプレイがまったく更新できていませんが、一応シナリオの強化用にちまちまとイラスト合成やカードを構想している管理人のY2つです。
 『野伏の教え』のアイテムアタッチメントで、弓関係がかなり充実する予定ですのでもう少しお待ちくださいね。そのうち、使った矢を拾うシステムも考えますので。(弓には両手武器片手武器の装備概念や、使った矢数をある程度分かるようにする隠しギミックが組み込んであるので、将来的に拡張が可能だったりします)
 ほしい効果のものがあれば、コメントなどで呟いてくださいね。

 作業が終わるまでに話題として、シナリオ製作者寄りになりますがお話を一つ。

 皆さんはシナリオ制作をしたことがありますか?
 自作シナリオが割と簡単にできるのも、カードワースの素晴らしいところです。

 そして、そんな中でスキルやアイテムを作成する時、新しいエンジンで対応されている「キーコード判定分岐」を使ったことはあるでしょうか?

 この機能、実はめちゃくちゃ革命的なシステムでして、普通にキーコード有無の処置にも使えますが、「スキルやアイテムを説明文やカード名が違っても、グループである程度検出できる」機能なんです。

 古いエンジンから、カードワースでは「固定のシナリオでしかアイテム認証分岐ができない」という欠点がありました。これは今のシステムでも言えることなのですが、アイテム判定分岐やスキル判定分岐などは、シナリオそのものにカードをインポートするなりして、同名・同解説のカードを用意し、しかもそのイベントはそのシナリオの固定イベント限定でした。
 一応対応イベントを全く同じにすれば「カードが取り込んでいるシナリオ」では発動するのですが、それ以外ではエラー(良くてイベントスルー)になってしまうのですね。

 カードの入手・剥奪こそできませんが、「キーコード判定分岐」にはこの事情をひっくり返す機能があります。
 カードはカード名そのものがキーコードになるため、同名かそれと同じキーコードを入れるだけで、「特定のカード」として認証ができるのです。
 しかも解説文が違うバリエーションもの関係でもそれが可能なのです。

 例えばリューンスキルと、SIGさんのような有名どころの同名・異テキストのスキルを「同じスキルとして認証する」ことが可能でして、Y2つもVer1.50以降のエンジン対応のシナリオでは、この機能を活用して「同類のスキルがあると使えるカード」や「条件を整えることで、カードを持っている扱いでイベントを起こす」処理が可能になり、複雑なギミックが組めるようになりました。

 例を挙げるなら『野伏の教え』の弓や特殊矢、『用心は前にあり』の盗賊道具などです。
 この技術を応用すれば、特定の銃を作成して、弾丸を使う時にこのイベントを組むことで「弾丸を換えて発射する」という処理が可能になるのです。アイテムカードは圧迫するんですけどね。

 付帯能力のキーコードを条件にするなら、特殊能力を持つことで特殊効果が追加するシステムとか組めるわけです。

 この処理に時限称号や行動力やステータスなどの行動判定分岐を使えば、相当細かいギミックが組めます。行動力の上昇を見極めて、他のボーナスがなければ1ターン限り行動力+3~5追加とかですね。
 多分、カウンター(反撃)のシステムもこっちで組めば「選択肢処理しなくても【祝福】等と競合しない」スキルなどもできると思います。ただ、まぁ…行動力+10扱いのカウンター処理には選択肢無しだと競合はやっぱり避けられなくなってしまうのですが。

 「キーコード判定分岐」は『防具屋』の付属テキストで述べたように「パッシブ能力の表現」も可能です。
 特定の称号を持たなかったり、スキルの使用回数が0でも、「そのカードを持つことで特別な力がある」という表現ができるです。

 リューンスキル相当の解説文が違うスキルを持ってる時、「このスキルが使えるから盗賊や魔術師としてある程度認められる」という処理もできますし、「こういうスキルがあるから追加効果を得られる」といった処置もできます。
 【盗賊の眼】があれば、スキルを使わなくても罠の察知にボーナスを得るとか。
 【盗賊の手】があれば、スキル使用に関わらないスリの判定で優位になるとか。
 【魔力感知】のキーコードがあれば、魔法の気配をなんとなくヒントで得られるとか。
 【生命感知】や【殺気感知】を持っていれば、次いで機や不意討ちに対するボーナスが得られるとか。
 2つ以上のスキルを組み合わせて装備し、特定のスキルが使えるようになるとか。
 
 使うことができないものにキーコードだけを入れて「パッシブ判定扱い」すると、【魅了】のキーコードが何故か有るけど使えない(使用時キャンセル)する服があったとして、「装備してるから魅力的」扱いにするとかですね。

 可能性無限大です。

 もしシナリオ製作者の方々で活用していないのでしたら、もったいないですので、是非活用してみて下さいね。

 もしこれらのギミックを使った面白いシナリオがあるのでしたら、是非紹介してください。割とあるだろうとたかをくくって探しているのですが、思ったより見つけられずにいるんですよ。探し方が悪いんでしょうかね…

 このシステムは私家版エンジンでなくても組めるので、応用性がとても高いです。
 是非大いに普及して、楽しいシナリオが増加するのを期待したいと思います。
スポンサーサイト





Y字の交差路


<<『野伏の教え』 プレイ感想・御意見歓迎 | ホームへ | どんな矢のアタッチメントが好みですか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aradia.blog69.fc2.com/tb.php/497-3a2912a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)